コーヒー染めの行程

コーヒー染めの行程 

(ブラックコーヒーの色を出したいのなら)

其の一


コーヒーの豆を焙煎した後、不良品の豆をハンドピックして、それをリサイクルとして活用。粉に挽き、濃い液になるまで煮立てて染め液にしています。
*出し殻でも良いが、染め液はうすいので量がたくさん必要になります。

 


小野寺染め1.JPG
  
 

其の二


染めの生地が濃く染まり、色落ちをしない様に下処理を行います。その処理は薬品で一晩(約15時間位)浸して置きます。その後、十分に湯洗いをして、それから酢酸液水で(15分浸す)それから水洗いをして、染めに入ります。 

 

染め 薬液につける.JPG

  

其の三


染めの工程は、まずコーヒー液を煮立てて、その中に下処理をした、生地を入れて煮立てながらコーヒー染めを(30分)行います。それから、鉄液水で(20分)媒染を行い、それから再度コーヒー染めを(20分)行います。その後は、水洗いをして終了です。

 

 

   染め 干す.JPG