移転しました。

こもれびコーヒーの「日々の出来事」は、以下アドレスに移転しました。
引き続き、宜しくお願い致します。

http://www.npomoyai.or.jp/

卒業生達の今

2015.5.13(水)

皆さん、お元気でお過ごしですか?
まだ5月だというのに台風一過の夏日がやってきました。
岩手では大き目の地震がありました。
岩手のお客様の事が頭に浮かび、心配になりました。皆さんご無事でありますように。

 

焙煎部屋は、焙煎機の放熱もあり、サウナのようでした。
あまりに急速に夏がやってきた為、その速度についていけずに
冬用のトレーナー着用のメンバーもおりました。「平気、平気」と強がっていました
が、熱中症にならなくて良かったです。

 

さて、今日はとても嬉しいお手紙が舞い込みました。
4月に大学を卒業して新聞記者となったボランティアさんが書いた新聞記事が
同封されたお手紙です。
署名記事を見て、「あー、頑張っているなぁ〜!!」と目頭が熱くなります。

先週の土曜日には、もやいに4年間関わってくれ、こもれびコーヒーでは
2年ほど手伝ってくれた卒業生の茜さんも、転勤先から本社に出張してきた
機会に顔を出してくれました。前から元気一杯の女性でしたが、充実した
社会人生活にキラッキラ輝いていて、こちらはサングラスをかけたいくらいでした。

「名刺ができたんです」と嬉しそうに、「わたくし、こういう者です」と名刺を
両手で渡してくれたのを、照れくさく、微笑ましく、そしてとてもとても嬉しく
思いながら受け取りました。

二人ともに元気で充実した日々を送っているようです。
大学4年生はあと二人おりましたが、元気で頑張っていることでしょう。

 

新聞記者の彼女から送られてきたお手紙にはこうありました。
「入社してからびっくりしたのは、『もやいでコーヒーのお手伝いをしていました。』
と言うと、がぜん興味を持ってくれる上司が多いこと」

彼女たちがとても大事にしてくれた「こもれびコーヒー」のこと、そこで働く人達の
ことを理解してくれる環境、人に恵まれ、私も嬉しいです。
来週水曜日にメンバー達に見せたら、どんなに喜ぶでしょう。
今から来週の水曜ミーティングが待ち遠しいです。

本橋さん新聞記事.jpg

 

 

 



星野智幸さん来訪!!

2014.4.15(水)

今日は小説家の星野智幸さんがこもれびコーヒーに遊びに来て下さいました。

星野さんの著作は、KAT-TUN亀梨和也主演で映画化された「俺俺」が有名ですが、

その後も、長編「夜は終わらない」、エッセイ集「未来の記憶は蘭のなかで作られる」が

出版されました。その他にも、書評や新聞記事などでもご活躍です。

 

先日発売された文藝5月号には、最新作の長編小説「呪文」が掲載されております。

コーヒー女将の小林も早速拝読いたしましたが、その迫力、リアリティに

圧倒されっぱなしでした。はい、星野さんが書かれる世界の大ファンなのです。

今の世を生きる皆様に、是非、是非読んでいただきたい一冊です。


http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309978574/

文藝5月号

『呪文』 クズの道というは、死ぬことと見つけたり -- 相次ぐ商店の廃業やクレーマーに
動揺する松保商店街。街では新たなリーダーが登場し自治組織”未来系”が生まれるのだが…
いまこの国を、街を、人々を覆う、空前の「暴力」の物語。≪文藝紹介文より≫

 

さて、コーヒー焙煎をご見学にいらした星野さんのご様子です。

狭くて賑やかなコーヒー焙煎部屋で、みんなの作業を観察したあと、

ハンドピックをする大久保さんの話に熱心に耳を傾けております。

星野智幸さん@コーヒーblog.jpg

その後、みんなでちゃぶ台を囲んで、パパの作ってくれた賄いランチを食べ、

コーヒー会議に参加していただき、メンバー達と交流をしていただきました。

逞しく、優しく魅力的なコーヒーメンバーを星野さんに紹介でき、私としましても

コーディネーター冥利に尽きた一日でした。

星野智幸さん@こもれび荘blog.jpg

最後にこもれび荘のキッチンでパパとツーショット。

都会的な星野さんと、家庭的なパパ&台所のギャップが何とも暖かい一枚です。

久しぶりに都会から田舎に戻ってきた息子と父親のよう・・・。

星野さん、ご見学に来て下さり、ありがとうございました。

お疲れになったり、締めきりから逃げたい時は、こもれび荘に遊びに来て下さいね。


 

年末年始のお知らせ

年末、こもれびコーヒーは24日まで焙煎いたします。

24日朝までにご入金が確認できない場合は、年明けの焙煎となりますので

ご了承くださいませ。

       〜年末年始の焙煎日程〜

12月22日(月) 定期便最終焙煎日

12月24日(水) 単品のご注文の最終焙煎日

2015年 1月5日(月) 定期便焙煎再開

 

今年も一年、皆様にはお世話になりました。ありがとうございました。

持病を持ち、高齢なメンバー達が、今年も元気に焙煎作業に励めましたのも、

皆様のおかげです。心より感謝申し上げます。

私たちを元気にして下さる皆様もどうぞお元気でありますように・・・。

来年もどうぞ、宜しくお願いいたします。

                               こもれびコーヒーコーディネーター

                                           小林美穂子

四人娘.jpg

 卒論のめどがついて解放された表情の大学生ボランティア達。

りんりんふぇすは大盛況でした。

2014年12月7日日曜日、外苑前の梅窓院祖師堂にて、今年で5回目となる
ビッグイシューサポートライブ、「りんりんふぇす」が開かれました。

 

とても寒い日でしたが、260人もの方々のご来場があり、ほのぼのと温かいライブを
楽しんで下さいました。
今年参加して下さったアーティストは、発案者の寺尾紗穂、アジカンのヴォーカル
Gotch、あだち麗三郎クワルテッット、新倉壮朗(タケオ)、ソケリッサ、三輪次郎と豪華で
ユニークな顔ぶれです。

 

来場者は、会場外に店舗をかまえた「あさやけベーカリー」や「KEEN」、無料で絶品
豚汁&おにぎりを提供する「ひとさじの会」、そして我ら「こもれびコーヒー」での
買い物や食事を楽しみ、音楽や和やかな雰囲気を楽しんで下さいました。

 

この日、「あさやけベーカリー」にNHKの密着取材が入っていたのですが、その光景を
目にしたサロン・ド・こもれびの常連さんのおばちゃんが、「あたし、NHKなんて大っ嫌い!」と
言って取材班を恐縮させていたくせに、その取材班にコーヒーをご馳走している姿や、
気が付いたらそれまでステージ上にいたアーティストを引っ張ってきて、
「このギター弾きの兄ちゃんにも一杯出してくれる?」と気前よく奢っていたりと、
微笑ましい光景を見せてくれました。

 

会場の外のテントで販売をしていた私たちは、最初は寒くて震えていたのですが、
次々と訪れるお客様とふれあううちに、楽しくて寒さも忘れるほど。

 

このフェスをきっかけに、これまでホームレス問題に関心のなかった方々も、
ビッグイシューを購入したり、ホームレス問題に関心を寄せてくれるようになったら、
こんなに嬉しいことはありません。今から、来年のりんりんふぇすが楽しみです♪♪

福だるまブログ用.jpg

だるまの「福ちゃん」制作チーム。光照院の吉水岳彦さんと仲間たち。


こもれびコーヒーブログ用.jpg
コーヒーブースも大盛況です。こもれびコーヒーボランティアOBの山端くんも
駆けつけてくれました。彼は大学時代から寺尾紗穂さんの熱狂的ファンなのです。

 

フィナーレブログ用.jpg

最後はアーティスト全員で。感動のフィナーレ。

メンバーとだるまブログ用.jpg

コーヒーメンバー達も寒い中、お疲れ様でした。
風邪なのに出てきてくれた小野寺パパは私にストールをかけられ、さながら
「銀河鉄道999」の哲郎みたいでした。

スタッフブログ用.jpg

りんりんふぇすは手作りの温かさが自慢の音楽ふぇすです。
今回のふぇすを作ってくれた人たちです。 皆さん、また来年お会いしましょう!
まだ参加したことのない方々も、是非いつか。

りんりんふぇす2014で出張カフェ開きます♪

今年で5回目を迎える「りんりんふぇす」。
今年は12月7日(日)に開催されます。

こもれびコーヒーは2回目から参加し、会場外で出張カフェを開いております。
そもそもはこのフェスのきっかけは、発案者である寺尾紗穂さんと、
かつてはホームレスを経験した日雇い労働の坂本さんとの出会いから始まりました。

坂本さんがお亡くなりになって随分経ちます。
しかし、お二人の出会いは、人と人をつなぐ暖かい音楽フェスに発展しました。

ホームレス状態の人も、生活保護受給者も、音楽が大好きな人も、学生さんも、
お年寄りも赤ちゃんも、いろいろな人たちが集まって出会いを楽しむ日。

コーヒーメンバー達が一番楽しみにしているイベントでもあります。

是非、遊びにいらして下さい。

詳しくは、以下ウェブサイトをご覧ください。

http://singwithyourneighbors2014.jimdo.com/

りんりんふぇす2014

IMG_0354通信用.jpg

写真は2012年の様子です。

ヤフーシステム障害に伴うご不便について

10月3日(金)

9月30日(火)午前9時20分頃より、Yahoo!メールのシステム障害が発生し、現在に至るまで復旧しておりません。

 こもれびコーヒーは、ヤフーアカウントを利用し、ご注文やご連絡のやりとりをして参りました。

その結果、お客様には大変なご不便をお掛けしておりますことをお詫び申し上げます。


ヤフーの説明ですと、本日いっぱいで復旧の見込みということですので、復旧次第、早急に対応させていただきます。

ご迷惑をお掛けしており、申し訳ありません。

 

こもれびコーヒー コーディネーター

小林美穂子

こもれびコーヒーの看板完成!

2014年7月9日(水)

大型の台風が接近しているようで、朝から小ぬか雨が降ったり止んだり
しています。

ボランティアでこもれびコーヒーに来て下さってる手作り名人のHさんが、
今度はこんなかわいらしい白木の看板を作って下さいました。すごい!!!


IMG_2689.JPGIMG_2691.JPG

7月26日のイベントでお披露目しようと思います。

http://www.moyai.net/modules/d3blog/details.php?bid=1853

寺尾紗穂さんの歌声と講演を楽しみに、皆さん、是非遊びにいらして下さい。

 

 

 

こもれびコーヒー見学者続々

2014.6.11(水)

梅雨の中休み、皆さんいかがお過ごしですか?
暑いのが苦手な私は、早くも夏バテのような症状にフウフウ言っておりますが、
コーヒーの皆は変わらず元気です。

最近のこもれびコーヒーには、見学者が多く訪れるようになりました。
この日、狭い焙煎部屋を訪れたのは、イギリス人青年と、大阪の大学生、
そして東京の大学生が一人ずつ。三人はお友達だそうで、連れ立って来てくれました。

ボランティアで来て下さる方も大学生が増えているので、焙煎部屋の平均年齢が
一気に若くなり、いつも以上に賑やかになりました。

もやいの活動や、コーヒー焙煎チームの皆のことに関心を持って下さること、
とても嬉しいです。今後も見学大歓迎です。ご興味のある方はご連絡下さい。

写真 (4).JPG

会議をしながらこもれびコーヒーを味わいます。
井上さんのカップだけプラスチックですが、中身はカルピス・・・。大の甘党なのです。

 

 

 

 

麻袋リメイク第三弾!!

2014.5.14(水)

初夏の眩しい日差しを浴びて、植物がぐんぐんと成長をしています。
「こもれび荘」は小さな路地のどん詰まりに建っているのですが、その更に
端っこに猫の額ほどの庭園があります。
畳一畳にも満たない小さな敷地には、ビワの木やらアジサイやら、木瓜やら、
コデマリやら、ミントやら、いろんなものが植わっていて、その隙間に雑草が繁茂しています。

1年前の秋に、八百屋で買って食べたアケビの種を撒きました。
春になるとすぐにたくさんの芽を出したまでは良かったのですが、何しろ日当たりの
悪い庭園です。植物が密集した環境は「こもれび」すら届かず、アケビの芽はかわいそうに
双葉を出した状態で、もう一冬を越しました。葉が縮んだり、変色していたので、
もうダメだと思っていたのですが・・・。

今年になって上を覆っていた木の葉が落ちたからか、或いはアケビの芽が数センチ
背を伸ばしたからか、突然一本にだけほんの少し光が届くようになったのです。

すると、この機を逃してなるものかと、アケビが伸びること、伸びること!
あっという間に1mを越しました。何とも逞しい限りです。環境って大事ですね。

あけび.jpg

 

さて、前回麻袋を見事にリメイクしてくれたHさんのご友人が、今度はこんなにかわいらしい
そして涼やかなコースターを作ってくれました。お見事です!!
コースター.jpg コースター2.jpg

これまで麻袋を使ったバッグは良く作られてきたのですが、これほどまでに多岐に
渡る品物に化けるとは、麻袋を甘く見ておりました。
世の中には実に、クリエイティブで器用な方がいらっしゃるものです。

お次はHさん作成の鍋敷きです。

nabeshiki.jpg
コーヒーポットと相性バッチリです。元コーヒーを詰めていた麻袋だけあります。
Hさん曰く、麻袋を4枚重ねたそうです。がっちり丈夫なのに軽い。
とっても素敵な鍋敷きができました。

お次はどんなものに変身させてくれるのでしょう?
押入れの奥で眠る麻袋も喜んでいますね。
私たちもとーっても楽しみです♪♪
 

麻袋リメイク第二弾!!

2014.4.16(水)

ツツジが咲き始め、初夏のような暖かさです。
本日の焙煎&発送作業は、こもれび荘の焙煎部屋を心地よい風が
吹き抜ける中で行われました。本日も焙煎日和ナリ。

 

先週に続き、ボランティアのHさんが麻袋のリメイク第二弾をお披露目してくれました。

 

じゃーーーん!!!

 

フォトフレームです。なんて素敵!!
すごすぎます。
こもれびコーヒーで三枚いただきましたので、集合写真を入れてこもれび荘に
飾ろうと思います。

遠い海の向こうから、コンテナに積まれてこもれび荘までやってきた麻袋が、
こんなオシャレなフォトフレームとして生まれ変わるなんて、何とも嬉しい限りです。

Hさん、ありがとうございます!

photo flame.1.jpg

Photo flame.2.jpg

 

コーヒーの麻袋をリメイク!

2014.4.9(水)

東京の桜はすっかり散り、若葉が目にまぶしい季節となりました。
皆さん、お花見は楽しまれましたか?

こもれびコーヒーの面々は皆、元気です。
今日も元気にコーヒーを焙煎しております。

今日は最近ボランティアとして手伝って下さるHさんがコーヒーの麻袋を再利用して
持って来て下さいました。

その完成品がこちら。じゃーん!!

麻袋リメイクティッシュボックス.jpg

 

ティッシュボックスです。
すごいでしょう?!思わず歓声が上がりました。

遠い東ティモールからはるばるとやってきた麻袋が、こんな素敵な姿に生まれ変わりました。

上にかぶせてあるのは、ダンボールに布を張り付けたものです。
とってもアジアンテイストでお洒落なティッシュボックスに仕上がりました。

コーヒーにボランティアに来られる方には、手先が器用な方が多くて感心してしまいます。

 

麻袋は余っておりますので、欲しい方がいらっしゃいましたら送料のみでお分けしております。

気軽にお問合せ下さい。

重要なお知らせ

平成2641日からのこもれびコーヒーの料金および送料の変更について 


こもれびコーヒーは、消費税率引き上げに伴い、2014年4月1日以降のこもれびコーヒーの
値段を以下の通り改定いたします。

 

≪コーヒー単品≫

こもれびブレンド・東ティモールストレート 840円⇒900円

*尚、ウバ紅茶につきましては、これまで通り800円で販売いたします。

【定期便】

それぞれのコースで1割の値上げ

例:3か月コース(毎月コース)3,000円⇒3,300円(送料込み)

*ご注文日が4月1日以前であれば、改定前のお値段でお受け致します。

4月1日以降のご注文につきましては、新価格が適用されますので、恐れ入りますが
ご了承下さいませ。

  

【送料】

これまでは、お客様のご住所、ご注文数により、一番安価な配送会社をお選びして
個別にお知らせして参りましたが、そのノウハウが複雑でミスが発生しやすいことなどから、
全国一律送料とさせていただくことといたしました。4月1日より、以下の送料が適用されます。

★ コーヒー又は紅茶 1個:送料200円

                            2個:送料400円

               3個〜10個:600円

               11個以上:宅配便着払いにて対応

例: コーヒー単品1個ご注文の場合:900円+200円=1,100円

 

お値段や送料の改定により、お客様にはご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ
ご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

【大事なお知らせ】銀行口座が変わります。

2014.1.24

大事なお知らせです。

コーヒー代金をお振込みいただいている銀行口座が変わります。

現在の口座番号
みずほ銀行飯田橋支店 普通 2420181
口座名:「こもれびコーヒー代表 稲葉剛(いなばつよし)」

新口座
みずほ銀行飯田橋支店 普通 2615764
口座名:「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」

2014年3月末日までは上記の口座はどちらもご利用できますが、
4月以降は新口座のみご利用可能となりますので、お気を付け下さい。

よろしくご理解下さいませ。

尚、郵便振替口座に変更はございません。

 

最終焙煎日

2013.12.25(水)

今日は焙煎最終日でした。
この一年間、大活躍してくれた焙煎機のお掃除をし、毎年恒例の
お正月飾りをして焙煎メンバーみんなで一礼。

「一年、よく働いてくれた」
「来年も機嫌よく頼むよ」と口々に焙煎機に話します。

こもれびコーヒーの2013年は、お客様に支えられ、たくさんのご注文をいただき、
とても充実した一年でした。出会いと再会が嬉しい一年でした。
メンバー達が仲良く、とにかく賑やかで、笑いが絶えない一年でした。
お客様のお心遣いが励みに、力になった幸せな一年でした。

本当にありがとうございました。おかげでみな元気に年を越します。
新年の焙煎は2014年1月6日からです。
来年もどうぞ、こもれびコーヒーを、メンバーの皆を宜しくお願い致します。

焙煎最終日.jpg

 

 

藍染とコーヒー染めのコースター

こもれびコーヒーのお客様から素敵なプレゼントが届きました。

藍染めとコーヒー染めのコースターです。

濃淡異なる様々な色を織り込んだ、とても美しいコースターです。

たくさんの色が織り込まれ、何とも優しい暖かい風合いを出すコースターをしみじみと

眺めながら、まるで、いろんな人が集まって作業をする「こもれびコーヒー」のようだと思いました。

とても素敵なので、皆さんにもシェアさせて下さい。

P1020450.JPG

送って下さったMさん、私たちのコーヒーを美味しく飲んで下さり、その上、
このような美しい作品を作って下さり、どうもありがとうございました!

土曜日のサロンでありがたく使わせていただきます。

 

〜お知らせ〜 りんりんふぇすの開催!

りんりんふぇす Sing with your neighbors

〜「THE BIG ISSUE」support live vol.4 が今年も開催されます。                         ミュージシャンの寺尾紗穂さんが「ホームレスの人たちと一緒に音楽を楽しみたい」と企画をしたイベントで、 今回で4回目になります。 ホームレス支援のための雑誌「THE BIG ISSUE」を一般の方々に知っていただくという意図もあります。

こもれびコーヒーは2回目から毎回参加しており、メンバー達がとても楽しみにしているお祭り的イベントです。こもれびコーヒーも、着々と準備を進めているところです。                               写真はリーダーが来週に控えた焙煎前に準備してくれたイベント用のコーヒーパッケージ。            リンリンフェイス」とありますが・・・。
 写真.JPG

http://singwithyourneighbors2013.jimdo.com/
りんりんふぇすvol.4

 

*以下、イベント概要です。

-------------------------

りんりんふぇす Sing with your neighbors 〜「THE BIG ISSUE」support live vol.4

◇りんりんふぇすとは?

早くも4回目を迎えたりんりんふぇす。「隣の人と歌おう!」という「輪」「隣」の音を かけています。        隣で音楽に耳すます見知らぬ人のこと、ほんの少し身近に感じて 帰ってもらえたらイベントは成功です。

今年も充実のラインナップ、皆さん、ぜひ一緒に楽しみましょう!   「THE BIG ISSUE」 support Live vol.4実行委員会 寺尾紗穂 *公式ウェブサイトはこちらです。昨年のイベント動画もご覧になれます。

http://singwithyourneighbors2013.jimdo.com/

◇イベント詳細 名 称:りんりんふぇす Sing with your neighbors 
〜「THE BIG ISSUE」support live vol.4

日 時:2013年10月13日(日)       

開場 14:00/開演 14:30

料 金:前売り券2000円、当日券2500円(税込・入退場自由)

会 場:梅窓院 祖師堂(そしどう)      
〒107-0062東京都港区南青山2丁目26-38      

*東京メトロ銀座線 外苑前駅1a出口徒歩1分      
*駐車場はございません。お車での来場はお控えください。

予 約:メール予約のみ。以下のチケット申込フォームにご記入ください。 http://singwithyourneighbors2013.jimdo.com/%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E7%94%B3%E8%BE%BC-%E5%95%8F%E3%81%84%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B/

内 容:音楽ライブ/1部・2部制      

座談会/1部終了後に行います      

炊き出し/簡単な食事(無料)、フェアトレードのコーヒー販売

出 演:加川良、NRQ、七尾旅人、寺尾紗穂、ソケリッサ、石橋幸 座談会:寺尾紗穂、稲葉剛、吉水岳彦、佐野未来、ビッグイシュー販売者、他

主 催:「THE BIG ISSUE」 support Live vol.4実行委員会

協 力:BIG ISSUE基金、NPOもやい、ひとさじの会、MIDIINC.

問合せ:singwithyourneighbors★gmail.com  ★を@に変えてください。      

*梅窓院(会場)へのお問合せはご遠慮下さい。

 

皆さん、是非、遊びにいらして下さい。
こもれびコーヒーメンバー総出で、美味しいコーヒーを淹れてお待ちしております!!

こもれびコーヒーバーベキュー@有明

7月5日(金)

こもれびコーヒーの面々でバーベキューに行って参りました。
この季節、窯の中のような焙煎部屋でひたむきに焙煎作業をしてくれる
焙煎メンバー達の為のお疲れ様イベントです。
幹事は、大学生の茜ちゃんと、人生初の幹事を勤めることになった大久保さん。
詳しいレポートは次回のコーヒー通信で、大久保さんからお届けしますが、今日は
美味しく、楽しかった一日を写真でご紹介致します。楽しさが伝わればと思います。

DSCN1460準備ブログ用.jpg DSCN1467準備Aブログ用.jpg  

みんなで一斉に準備です。それぞれがテキパキと動きます。

DSCN1468乾杯ブログ用.jpg

 

 

各々、飲み物を手に持ち、
「かんぱーい!」
乾杯の音頭は、幹事を務めた大久保さん。

食材に火が通るまでの間は、
小野寺パパお手製のおしんこを
つまみながら・・・。

 

 

 

DSCN1477井上さんとショウタくん?.jpg

井上さん、お孫さんですか?心温まるツーショット。

DSCN1487茜、ショウタブログ用.jpg

心温まるツーショットをもう一枚。茜ちゃんと・・・こっちはリョウタくんかな?
双子のショウタくんと見分けがつきません。

 

DSCN1479兄弟?ブログ用.jpg

兄弟のように見えますが、大久保さんと大学生の中村くんです。
煙を全身に浴びながら、頑張って焼いてくれています。

 

DSCN1483食材ブログ用.jpg

山のような食材を大久保さんが一人で準備してくれました。

 

DSCN1492カマうめぇ!ブログ用.jpg
「うぉっ!マグロのカマうめぇ!」
「少しもらっていいですか?」
「食びてみて、アブラ乗っててうんめぇや、こりゃ」

 

DSCN1496種飛ばしブログ用.jpg

 

←何をしているかというと
サクランボの種飛ばし競争。
大方の予想を裏切り、
中村くんが優勝でした。
ちなみに2位は小野寺パパ。
写真の赤毛の若者は健闘して3位。

 

 

 

 

DSCN1497集合写真ブログ用.jpg

猛暑が始まる一日前の、強い風が吹いた金曜日。
たらふく食べ、笑い、遊んだ一日でした。楽しかったですね。
幹事の大久保さん、茜ちゃん、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。

 

 

 

 

路上の生と死を見つめて

6月14日(金)18:00〜 四ツ谷の聖イグナチオ教会で行われた「講演と歌の集い」
にてコーヒーを販売して参りました。

もやいの理事長で、こもれびコーヒーの名誉メンバー?である稲葉剛と
シンガーソングライター寺尾紗穂さん、写真家の迫川尚子さんのコラボイベントです。
DSCN1413.JPG

東京の路上に関わって20年の稲葉が、路上で出会った生と死を振り返ります。

大学時代に山野を訪れたことがきっかけとなり、日雇労働者や路上生活者についての
歌を何曲も作られた寺尾紗穂さんは、知り合った路上画家を通じて「もやい」とも
繋がりました。

稲葉が一人一人の思い出話や、その当時の時代背景を語り、寺尾さんが歌います。
その声は今は亡き登場人物達も、会場の人たちをも包み込むように響き、
スクリーンには、新宿の路上生活者を追い続けたカメラマン迫川さんの写真が
映し出されました。何人も、何人もの人の生が。

 

こもれびコーヒーのメンバー達も路上生活を経験しています。
スクリーンに映し出された「新宿西口公園夏祭り」の映像に突然自分の姿が
映し出されて驚いたり、今は亡き古い知人の顔を懐かしみ、「あいつは人懐っこくて
誰からも好かれた」と教えてくれたり、稲葉が話す中に出てくる「ちろりん村」に
ついて「ちろりん村はね、どこかからね、”新宿西口公園ちろりん村”って宛先
書くでしょ?そうするとね、手紙が届いた」などと、ノンビリした時代を思い起こさせる
エピソードを教えてくれたりします。

これまで「こもれび荘」の遺影でしか見ていなかった人たちの、お人柄や
それまでの人生を聞けて、私にとっても大変有意義な講演でした。

今回、コーヒーは会場の都合でドリンクは売らず、袋売りだけでした。
それでも、こもれびブレンド15袋、東ティモールストレート15袋、ウバ紅茶5袋が
完売致しました。

ご来場下さった皆さん、お買い上げ下さった皆さん、本当にありがとうございました。
DSCN1400.JPG真剣にお釣りを数える石川さん

 

お知らせ

こもれびコーヒーの「こもれびブレンド」、「東ティモールストレート」には、
東ティモールの生豆が使われています。生豆を仕入れているパルシックさんが
今年も興味深いツアーを企画されました。
このツアーに参加し、「東ティモールのパルシック事務所にこもれびコーヒーメンバー達の
写真と手紙が貼ってありました!!」とご報告して下さった方もいらっしゃいました。
こもれびコーヒーの産地や生産者にご興味がある方は、是非お問い合わせ下さい。

以下詳細・・・

*************************************************************

≪フェアトレードコーヒー生産者を訪ねる旅 〜東ティモール〜≫

パルシックは独立後の国づくりを支えるために、東ティモールの重要な輸出産品である、
コーヒー生産者の支援を行っています。パルシックの人気商品「カフェ・ティモール」の産地、
東ティモールマウベシ郡で、コーヒー生産者と一緒に、コーヒーのチェリー摘みから加工までを
体験するツアーを計画しました。

東ティモールでは、毎年6月頃になるとコーヒー収穫が始まります。
農民たちは、家族総出で収穫に繰り出し、真っ赤に熟したコーヒーの実をひとつずつ
丁寧に手摘みします。そして加工場で果肉を除去、発酵させ、約2週間天日で乾燥させ、
村での作業は完了。この作業を9月頃まで行います。

この旅ではコーヒー生産者の集落に滞在し、生産者を知ることで、普段飲んでいる
コーヒーとのつながりを実感することができます。東ティモールの人々の暮らしを直接肌で
感じることができるこの貴重な機会に、山々の広がる素晴らしい大自然の中で、
おいしいコーヒーができるまでを一緒に見に行きませんか。

訪問地: 東ティモール

開催時期: 2013年7月29日(月)〜8月5日(月)8日間

申込締切:   2013年6月30日(日)

旅行代金:   258,000円(往復航空運賃[東京⇔ディリ]、

全行程宿泊費、食費、全行程移動費、入国税・空港税等含む。

旅行代金は2013年5月1日現在の燃油等付加運賃を基準として算出しております。
(燃油料金が変更となった場合、追加料金をいただく場合がございます。)

現地プログラム企画:  特定非営利活動法人 パルシック旅行企画:     

株式会社ピース・イン・ツアー詳細はこちら:
http://www.parcic.org/news/tour/3908/

お申し込み・お問合せ先:office@parcic.org(担当:遠藤)

 

 

イベント報告

今日5月11日(土)、広尾の聖心インターナショナルスクールにて、
東日本大震災復興支援ふれあいフェスタに参加して参りました。

ここの所、ずっと初夏のような陽気が続いていたにも関わらず、本日は雨。
それでも、「楽しむのだ!」と気を取り直して臨みました。

DSCN1252.JPG校舎地下一階のカフェテリアは
各団体がそれぞれの活動内容を
発表する展示スペースになっています。
こもれびコーヒーも展示させて
いただきました。

 

 

 

 

 

たくさんのNPOが出店し、炊き出しスペースでは、焼きそば、焼き鳥、芋煮、カレー、
うどん、ハーブチキンの炭焼きなどが売られて、それはもう匂いだけでお腹が空いて
しまって困りました。東北物産展も品数豊富です。天気の悪さも忘れ、仕事も忘れて
ワクワクしてしまう瞬間でした。

DSCN1263.JPGDSCN1268.JPGmekabu!.jpg

食べ物の種類満載のイベントでしたが、今回何が一番珍しかったといって、
「めかぶしゃぶしゃぶ」の右に出る物はないでしょう。
右の写真をご覧下さい。採りたての三陸のめかぶです。
これが、お湯でしゃぶしゃぶすると、一番下の写真のように、鮮やかな緑色に。
あたかも骨付き肉のように「めかぶ」にかぶりつくのが、生まれて初めての体験
だった人も多いのではないのでしょうか?
訪れたお客様の誰もかれもがこの「めかぶしゃぶしゃぶ」を召し上がっておりました。
もちろん、コーヒーメンバーも、歯の無いIさん以外は全員いただきました。
あまりの粘り、歯触り、味の濃さに一同驚いてしまいました。

DSCN1277.JPGDSCN1279.JPG

食後のデザートは「亘利いちごっこ」さんのイチゴパフェ。ご両人、満足そうです。


屋内の会場でジャズ演奏やかんから三線、映画などが始まると、屋外の人が減り、
お店を広げる私たちは少し寂しくなります。
するとK君が自ら背中に紙を貼り、「歩く広告くん」に。屋内外を歩き回ったり、
さも美味そうにコーヒーを飲んだりしてくれました。

DSCN1286.JPG

DSCN1289.JPG

天候にも負けず、時には雨の中を走り回りながら、こもれびコーヒー大健闘です。
たくさんのお客様にコーヒーを飲んでいただき、嬉しい感想をいただきました。
お客様であり、こもれびコーヒーを見学に来て下さったSさんが美味しいドーナツを
差し入れし、お手伝いをして下さいました。そんな再会も嬉しいひと時でした。

東北の美味しいものをたらふく食べ、一生懸命焙煎したコーヒーをお客様に飲んで
いただく。雨ではありましたが、とても楽しい一日となりました。
こもれびコーヒーに足を止めて下さった皆さん、ありがとうございました!!

 

 

5月11日(土)イベントに参加します!

今年に入って始めて参加するイベントです。
たくさんの方に楽しんでいただけたらと思います。

こもれびコーヒーもお店を出しますので、お友達やご家族をお誘いあわせの上
遊びにいらして下さい。良いお天気になりますように・・・!!

 

*********************************

「東日本大震災 復興支援ふれあいフェスタ」のご案内

   

東日本大震災から2年が経過し た今、「忘れない」を合言葉に、被災地と東京の

想いをつなぎみんなが元気になれる「復興支援ふれあいフェスタ」を開催します。                東北物産あり、各地のボランティア活動紹介あり、映画上映あり、ステージあり!                           被災地からもたくさんの人が駆けつけてくれます。ぜひ皆さん遊びに来てください! 

 

開催概要】 

日時:2013511日(土)10001600                                        場所:聖心インターナショナルスクール  

(東京都渋谷区広尾4-3-1、 東京メトロ日比谷線「広尾駅」3番出口より徒歩3分)  

入場料:無料(会場でのご寄付にご協力をお願いいたします)  

主催:復興支援ふれあいフェスタ実行委員会  

共催:聖心女子大学  

後援:カトリック渋谷教会

 【プログラム】 

 ◆活動紹介・東北物産展◆ 

 被災地・被災者支援団体による活動紹介展示・オリジナルグッズ販売、被災者の作品紹介            や東北物産の販売を行います。 

 参加団体(調整中): 

 NPO法 人亘理いちごっこ(宮城県亘理町)、おてら災害ボランティアセンター・ 

 山元町震災復興土曜日の会(宮城県山元町)、みんな共和国(福島県南相馬市)、 

 竹屋菓子店(福島県川俣町)、白河みみずく(福島県白河市)、 

 NPO法人福島やさい畑〜復興プロジェクト、 

 NPO法人カリタス釜石、カリタスジャパン・仙台教区サポートセンター、 

 カリタス米川ベース、カリタス原町ベース、いわきサポートステーションもみの木、 

 Peace be with YOU、 東京災害支援ネット(とすねっと)、きらきら星ネット、 

 CTVC-カ トリック東京ボランティアセンター ほか

 ◆グルメ市◆  

炊き出し経験のあるグループによる料理、東北スイーツやオーガニックコーヒー等を                           楽しみください。 

  参加団体(調整中): 

 カトリック雪ノ下教会「震災復興支援プロジェクト」(雪プロ)、

 カトリック田園調布教会復興応援グループ、 

 ヌヴェール愛徳修道会&カトリック松原教会有志・NPO法人山友会、ほしのいえ、 

 NPO法 人自立生活サポートセンターもやい・こもれびコーヒー、 

 NPO法 人亘理いちごっこ、カトリック東京ボランティアセンター(CTVC)  ほか

 

◆野外ステージ◆ 

 10001030 オープニングイベント みんなの音楽隊(南相馬応援団)ミニコン サート                  15001530 クロージングイベント Yukariミ ニコンサート   

◆ミニコンサート・パフォーマンス(調整中)◆  

出演:スモールクワイア(イエスのカリタス修道女会 聖歌隊)、岡 大介、のまど舎、 

聖心女子大学チアリーディング部HEARTIES  ほか

◆映画上映会・講演会◆ 

 11001200 映画上映「磐城寿しぼりたて23BYが あなたの杯にそそがれるまで」

          坂本博紀監督トークショー   

13001500 原発のない社会の実現を考える勉強会『三人寄れば脱原発の知恵』特 別企画 

    * 映画上映「シェーナウの想い〜自然エネルギー社会を子どもたちに〜」 

    * 講演会「福島の今、東京への避難者の今」

   

◆子ども向けプログラム(調整中)◆ 

 キッズコーナー

      *きらきら星ネット★ユースサポートネットワーク(きらきらユース)

      *tanaproject(たなプロジェクト)

若返るこもれびコーヒー

2013.4.24

新緑が目にも鮮やかなこの頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか?
毎日が慌ただしく、飛ぶように日が過ぎていき、気が付けばまたもや
久しぶりのブログ更新となっています。

今日は「こもれびコーヒー」の近況をお伝えしたいと思います。

最近の「こもれびコーヒー」はとても賑やかです。
焙煎のレギュラースタッフ達の他に、ボランティアで手伝って下さる
人達がたくさん来て下さっているからです。ありがたいことです。

大学生の中村さんはハンドピックを手伝うようになって、既に半年。
誠実なお人柄と真面目な仕事ぶり、空気のようにその場に馴染む透明感の
せいか、何だかずっと前から焙煎メンバーの一員だったかのような錯覚を覚えます。

毎週水曜日、メンバー全員が揃う焙煎日には、こもれび荘の二階の狭い
焙煎部屋が人でいっぱいになります。焙煎スペースも、発送スペースも、人が
ひしめいて足の踏み場もないほど。
                  

写真 (2).JPG

 

真剣に焙煎機を見つめながら、豆の音に
耳を傾ける大久保さん。
膝と腰に持病を抱える井上リーダーは
時々座って休みます。
手前で廣田さんと中村君が真剣にハンドピック。


 


午後には、こもれび荘の1階で焙煎ミーティングが開かれます。
部屋いっぱいに集まった人の顔を見渡せば、正規メンバー、ボランティア、
どちらにも属していないけれどいつも何故か会議に参加している人などなど、
もはや不思議な集まりと化しているものの、会議中は終始笑い声が溢れ、
とても楽しく幸せな時間が過ぎていきます。

会議の終盤、大学生二名が「これから授業なのでそろそろ・・・」と席を立ち、
みんなが「行ってらっしゃい!」と見送る。
血は繋がってないけれど、何だか大きな家族みたいになってきています。

今日もこもれびコーヒーは、いろいろな人に支えられ、いろいろな人が
関わって、繋がって、ほのぼのと幸せです。
この雰囲気が味に出たらいいなぁと私たちは思います。

 

 

パー子との日々

2013年2月25日

2月も下旬というのに、相変わらず厳しい寒さが続きます。
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか?

さて、次号こもれび通信の発行に向けて、井上さんと飼い猫パー子の話を
聞き取りながら書いています。まだ出会いの部分しか聞いていないのに、
井上さんの歴史は面白く、この面白さをきちんと伝える為にしっかり書かないと!
と思うと文才のない私の双肩にプレッシャーが・・・。

井上さんに「パー子の写真を撮っておいてね」と渡しておいたデジカメが
戻ってきました。見てみるとパー子がいっぱい。
「三毛猫」と聞いていたパー子は「茶トラ」でした。
次号のこもれび通信から井上さんとパー子の物語を連載で掲載致します。

その前宣伝ではありませんが、パー子の写真をとくとご覧下さい。

パー子2P1010811.jpg

【井上さんに撫でられてうっとりするパー子。人間年齢だと76歳。】

 

パー子P1010806.jpg

【茶トラのパー子が寝る毛布は豹柄。親戚?】

2shotP1010813.jpg

【ツーショットもよろしく!とお願いしていたのですが、ちょっと難しかったみたいです】

15年の年月を寄り添って生きてきた井上さんとパー子のお話。

みなさんお楽しみに!!


インフルエンザに紅茶が効く?

2013年2月11日

先日、一本の電話が「こもれびコーヒー」に掛かってきました。
電話の主は、兼ねてから「こもれびコーヒー」をご贔屓にして下さるお客様。
しかし、今回のご注文はコーヒーではなく、私どもが販売している「ウバ紅茶」でした。

 

「今朝のNHKでね、紅茶がインフルエンザに効くってやってたのよ」

 

なんですって?初耳です。
調べてみると・・・なるほど、紅茶に含まれるテアフラビンに、インフルエンザウイルスの
感染力を奪う力があるのだそうです。
今年は去年を上回る勢いで流行が拡大するインフルエンザ、もうすでに罹って苦しまれた
方もいらっしゃるのではないでしょうか?まだ続く流行、ここは予防が肝心です。
ゆったりティータイムがインフルエンザの予防になるなら一石二鳥です。

 

「こもれびコーヒー」ではコーヒーだけでなく、フェアトレード紅茶「ウバ紅茶」も
販売しております。スリランカ、ウバ州にある高地で、農薬、化学肥料を使わないで
育てられた茶葉は、まろやかで深い味わい。ストレートでも、ミルクと混ぜても相性抜群です。
混じりっけのない紅茶本来の味をお楽しみ下さい。
以下に添付しましたNHKのサイトに、更に紅茶を美味しくいただける淹れ方も紹介して
おりますので、ご参考にしていただければと思います。


皆さんがインフルエンザを寄せ付けず、お元気でお過ごし下さいますように。

 

http://www.nhk.or.jp/shutoken/6ken/corner/sittoku/2013-01/0130.html
NHKいっと6けん 「知っとくカルチャー」


 ウバ紅茶 ティーバッグ20袋入り 1袋800円

2013年、今年も宜しくお願い致します。

皆さん、明けましておめでとうございます!!
年賀状を下さった皆様、真心こもったメールを下さった方々、
ありがとうございました。みんなでじっくり拝読させていただきました。
みんな「シーン」と黙って読んでいるのに、その顔が笑顔になっていて
微笑ましい限りでした。

年明けにメンバーの一人が転倒して頭を怪我して心配しましたが、
全員元気に年を越しました。今年も仲良く、楽しく、一生懸命をモットーに
コーヒーを焙煎して参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ところで・・・これまで2年くらいブログの「焙煎メンバーの紹介」を
更新していないことに今更ながら気付いたダメコーディネーター、
慌てて更新致しました。現在のメンバー達の紹介をどうぞご覧下さいませ。


 

今年もお世話になりました!

2012/12/30

早いもので、今年ももう終わりです。
皆さんにとって、この一年はどんな年だったでしょうか?
「こもれびコーヒー」の一年はお客様のお支えをしみじみと実感した一年でした。
これまで6年間「こもれびコーヒー」を率いてきてくれたリーダーが4月に抜けたことは、
私たちにとっては大きな出来事で、これまで何もかもお任せだったそれまでの体制は
激変しました。
メンバーそれぞれの仕事内容も変わり、「責任」の二文字を肩に食い込ませながらも、
みんなそれぞれが互いのミスをカバーし合い、労り合い、問題があればみんなでああでもない、
こうでもないと議論をしながら解決の道を探り、そうして何とか歩いた一年でした。
コーディネーターの私は、メンバー達の責任感の強さやさりげない優しさに見え隠れする
思いやりの深さ、頼り甲斐のある仕事ぶりに目を見張る思いでこの一年を過ごして参りました。

そんな私たちを応援して下さるかのように、お客様からのご注文は増えていき、
それがメンバー達の大きな張り合いとなったのです。
本当にありがたいことでした。心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

来年も「こもれびコーヒー」は、より美味しいコーヒーをお客様にご提供できるよう、
みんなで元気で仲良く、一生懸命に作業をして参る所存です。
引き続き、こもれびコーヒーを宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。

2012年年の瀬焙煎機お飾り.jpg

焙煎機に正月のお供え?毎年恒例です。
2012年焙煎機に拝む.jpg
怪しい宗教ではありません。今年も頑張ってくれた焙煎機にお礼をしながら、
「来年もよろしくお願いします」と皆が頭を下げていたのでパチリ。    

12月のイベントのお知らせ

こもれびコーヒーは10月からイベントラッシュでした。
普段は焙煎部屋にこもってコーヒー豆相手の焙煎作業ですから、
たまのイベントはお客様と直に触れ合うチャンス。
コーヒーを飲んだお客様から感想をお聞きしたり、素晴らしい笑顔を
いただくと、私たちもとても嬉しく、大きな張り合いになるのです。

さて、こもれびコーヒーは12月6日に町屋で開催されるイベント
「第19回 ほしのいえ 講演とミニライブ だれも犠牲にならないために PartII」
でコーヒー販売を致します。
今回はドリンクはなく、袋売りのみではありますが、お近くの方は是非
遊びにいらして下さい。
ミニライブや、武藤類子さん、もやい理事長でコーヒーメンバーでもある稲葉剛の
講演もあります。

詳しくは以下のホームページで。

http://hoshinoie.net/

 

 

 

遠足に行ってきました。

11月8日(木)

すっかり秋めいて参りましたが、皆様お元気でお過ごしですか?
ここ最近のこもれびコーヒーは、大きなイベントが続いて活気づいております。
いつもは焙煎部屋にこもって作業をしているので、イベントで外に出て
お客様と直に交流できるのは刺激的ですし、喜びです。

イベント対応で休日返上したり、残業して豆を焼いてくれたメンバー達の
慰労会の意味も込め、本日は深大寺に遠足にいきました。
最高のお天気です。神代植物公園ではダリアが見ごろでした。
バラはちょっと終わりかけでしたが、みんなでバラの名前を言い合ったり、
香り比べをしたりして満喫しました。

DSCN1095ブログ用.jpgDSCN1096ブログ用.JPG

DSCN1101ブログ用.jpgDSCN1107ブログ用.jpg
みんなで記念撮影。
DSCN1094ブログ用.jpg
花を愛でたらお腹が空きました。
深大寺と言えば深大寺蕎麦!!山門目指してゾロゾロ。念願のお蕎麦です。

DSCN1112ブログ用.jpg
蕎麦のあとは温泉です。
そもそも、いつもは飲み会が中心の慰労会が、今回はどうして深大寺遠足になったかと
言えば、メンバーの大久保さんが「自分は健康ランドなるものに行ったことがないので、
慰労会は是非健康ランドで」とリクエストしたからでした。
深大寺温泉「ゆかり」をめざし、秋の日差しが降り注ぐ中、住宅地を歩いて向かいました。

さぁ、深大寺温泉。たまり醤油のように黒い温泉は初めてです。
黒い露天風呂の底には、ドングリがたくさん沈んでおりました。

風呂上りのソフトクリーム(本日、二個目です)
DSCN1117ブログ用.jpg

温泉を後にする前に、お店の人に集合写真を撮ってもらいました。

DSCN1123ブログ用2.jpg

秋の日はつるべ落とし。
暗くなった頃、町のあちこちに転がる無数のドングリ達に別れを告げ、
新宿に戻って夕食です。
一日みんなでゆったりと時間を過ごしたからでしょうか?いつもは無口な人も今日は
とっても饒舌で面白いことを言ってみんなを笑わせます。皆、良い表情です。
普段は聞けないような話もたくさんできました。

これから年末まで、まだまだイベントは続きます。
体調が悪い人も元気な人も、お互いに労わり合いながら頑張って
2012年を乗り切っていきましょう。

反貧困世直し大集会

10月20日に芝公園で開催された反貧困世直し大集会に、「こもれびコーヒー」も
張り切って出店してきました。土曜日ではありますが、メンバーも総出です。
DSCN1047ブログ用.jpg
日差しが眩しいほどの秋晴れに恵まれ、4L準備したアイスコーヒーが
あっという間に売れてしまいました。アイスコーヒー売り場を担当した
小野寺さんは大忙しです。
ホットも売れ行きは好調。たくさんの方々に飲んでいただくことができました。

この日は、久しぶりにコーヒー染めチームも作品を販売。
人の手が足りない為、ボランティアさん達に協力してもらいました。
笑顔が最高の四人組です。一日、お世話になりました。

DSCN0975ブログ用.jpg

この日、コーヒーチームにとって、とても嬉しかったことがあります。
コーヒーチームのメンバーで唯一の家族持ち、廣田さんのご家族が遊びに
来てくれたのです。
「お父さ〜ん!!」という声と同時に小さい男の子が二人、忙しく立ち働く
廣田さんにタックルしてきた時には一瞬何が起きたのかと思いましたが、
元気一杯のかわいい訪問者に「こもれびコーヒー」のテントは花が咲いたように
なりました。全員メロメロで笑顔。メンバー達がこんなに子どもに弱いとは・・・。

会場のあちこちに散らばるそれぞれ分科会で活発な意見交換やスピーチが
行われていました。写真は「住まいと貧困」の分科会で。湯浅さん、お久しぶりです。
DSCN1049ブログ用.jpg

この日、コーヒーチームにとって嬉しかったことがもう一つ。
長年「こもれびコーヒー」を応援して下さるお客様が顔を出して下さったのです。
お名前は何度も拝見しているけれど、お会いするのは初めて。
コーヒーを介したご縁です。こうして出会えて、本当に嬉しい。感激でした。

私たちは小さな小さなコーヒー焙煎チームで、大量生産もできなければ
在庫も持ちません。ですから、お客様からご注文をいただくと同時に
すぐにお届けするということもできません。こんな、どちらかと言えば不便な
「こもれびコーヒー」を、それでも愛し続け、応援し続けて下さるお客様に
喜んでいただくため、私たちは素人集団ながら全神経を傾けて豆を焙煎し、
一粒一粒丁寧にハンドピックし、心を込めて発送する…そんな焙煎チームの
日常を続けて行こうと決意を新たにした次第です。

反貧困世直し大集会に足を運んで、コーヒーを飲んで下さった皆さん、
ありがとうございました。

 

りんりんふぇす、盛況でした!!

10月6日(土)
今年もビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」が梅窓院にて行われました。
スタッフがみな心配していた雨にも祟られず、「こもれびコーヒー」も朝から
大張り切りで出張サロン開店です。

015ブログ用.jpg 023ブログ用.jpg

今年も「ひとさじの会」の僧侶吉水さんがバルーンアートで会場を飾って下さいます。
自由自在にネズミやら花やらを作り出す吉水さんは子ども達に大人気でした。
吉水さんを囲むのは子ども達だけではありません。
コーヒーメンバーやお客さんを交えてバルーン講座も。
皆が真剣に取り組んでいるのはネズミ。
IMG_1332ブログ用.jpg

炊き出しチームは岩手の郷土料理「ひっつみ」を100食用意しました。
055ブログ用.jpg
会場内は、ビッグイシューの表紙がずらりと掲げられ、壮観!!
9周年を迎えるビッグイシューの歴史が感じられます。
「こもれびコーヒー」も、かつてイギリス人画家がコーヒーチームと東ティモールの
方々の人生を描いた巻絵や展示物を並べ、多くの皆さんに見ていただきました。

006ブログ用.jpg

048ブログ用.jpg

ライブの方も盛況でした。
寺尾紗穂さんがビッグイシューの販売者で形成される舞踏集団「ソケリッサ」と
コラボした「アジアの汗」は大盛況。紗穂さんの透き通る声、優しい歌が
ソケリッサメンバー達の「生きる喜び」というか「生そのもの」と言えばよいのか、
そんなエネルギーと交錯し、圧倒的な感動を観客にもたらしたのでした。
私も大笑いしたり泣いたりしたステージ、観客からの拍手が鳴りやみませんでした。
写真が撮れなかったのが残念!ですが、あの感動はとても再現できるとは思えないので、
是非みなさん、想像してみて下さいね。

バンドがステージを終えるたびにお客さんが一息つきに外に出てきて
コーヒーを買って下さいます。イベント限定で焙煎した「ハイチブレンド」を多くの
方がさも美味しそうに飲んで下さるのが嬉しかったです。
125ブログ用.jpg
今年も和気あいあいとゆったりとした一日でした。
最高にイカしたなぎら健壱さんがちょっと悲しく、とっても優しいナンバーを何曲か
歌い、落語家のようなトークで観客を何度も爆笑させた後はフィナーレです。
アーティストが勢ぞろいし、一日中続いたふぇすが終了しました。

IMG_1355ブログ用.jpg

来年もやります。
今年来られなかった方は来年是非遊びにいらして下さいね。



 

 

ハイチブレンドをイベント限定で発売予告!!

今週土曜日、10月6日(土)外苑前 梅窓院 祖師堂にて
ビッグイシューサポートライブ「りんりんふぇす」が開催されます。

盛況だった去年に続いて、今年も「こもれびコーヒー」は参加させて
いただくのですが、今回は現在販売停止になっている「ハイチブレンド」を
販売し、お客様に楽しんでいただこうと思っています。

こもれびコーヒーの人気ブランドだった「ハイチブレンド」は、ハイチの
国内情勢が悪化し、豆の供給が完全にストップしてしまった為に、泣く泣く
販売停止を決めたブランドです。まろやかで薫り高いその味わいに、
ファンも多かった「ハイチブレンド」。

りんりんふぇすでは、大切に大切に保管していたハイチ豆を惜しみなく
使ってブレンドを焙煎致します。ハイチブレンドのファンの方も、そうでない方も、
是非お試し下さいませ。
期間限定「ハイチブレンド」は一杯200円、一袋200gで840円です。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

http://singwithyourneighbors3.jimdo.com/

りんりんふぇすウェブサイト

ベトナムコーヒー試飲会

2012年8月22日(水)

ボランティアでコーヒー焙煎の仕事を手伝ってくれている宝本さんが、出張先の
ベトナムからベトナムコーヒーをお土産に持ってきてくれました。

そんなわけで、今日はベトナムコーヒーの試飲をしながらの会議です。
コーヒーに備え付けのベトナムコーヒー用ドリッパーを使って、大久保さんがコーヒーを
落としてみると、「まるで病院の点滴みたいな速度でしか落ちない!by 井上さん」との
ことで、10分かけてやっと落とした1杯分を、まずはみんなで一口ずつ分けて試飲。


ベトナムコーヒー試飲3blog.jpg

「最初はブラックでしょう」と飲んだ人が、間髪入れずに「にがっ!!」
じっくり時間をかけて抽出しているから濃いんですね。
そんなことだろうと、私は現地の人に習い、最初からコンデンスミルクを入れて
飲んでみました。
ロブスタ種の豆のチョコレートやナッツのような濃厚な香りと味に、
コンデンスミルクが素晴らしい相性です。濃いコーヒーキャンディのような味わいでした。

その後、普通の落とし方で淹れた別ブランドのベトナムコーヒーを味わいながら
みんなで感想を言い合いました。
「俺は最初の方がいい」
「コンデンスミルク入れるとうまいね」

ベトナムコーヒーの生産量は高く、インスタントコーヒーなどの原料になっています。
身近にありながら、あまり良くは知らないコーヒーを味わいながら喧々諤々、とても
楽しい時間でした。宝本さん、ごちそう様でした!!

ベトナムコーヒー試飲5blog.jpg

   ベトナムコーヒー試飲blog.jpg         

 
                 

残暑お見舞い申し上げます!

2012年8月17日(金)

お暑うございます。皆さん、いかがお過ごしですか?
お盆休みを利用して久しぶりの里帰りをされた方、旅行に出かけた方、
様々な夏休みがあったことでしょう。
もやいも、こもれびコーヒーもお盆休みはありませんが、コーヒーメンバー達は
暑さにも負けずに元気に過ごしています。

さて、この頃のコーヒーは研究熱心なメンバー達が頑張っています。
5月にコーヒーメンバーに参加された廣田さんは捨てられてしまう運命に
ある規格外の豆を更にハンドピックし、その豆でコーヒー寒天やゼリーを
作るのに熱中しています。
何度も試行錯誤を重ねて作り出したコーヒーゼリーは、こもれびコーヒーの
香りやコクをしっかり残しており、つるりと清涼感に溢れて夏にぴったり。

先週は寒天だけでなく、ゼラチンを使って作ったゼリーを作って持ってきてくれました。
不思議なことに、同じ分量のコーヒーを用いているにも関わらず、寒天の方が
苦味が出ることなどが分かり、「甘いものが苦手な人にもイケる!」
「コーヒー寒天とコーヒーゼリーを賽の目に切って混ぜ、アイスを載せてもいいね」
と試食会も大変盛り上がりました。廣田さんの探究心には頭が下がります。

一方で、焙煎組の井上、大久保両氏は、ルワンダ豆の活用法を研究していました。
ルワンダ豆はハイチブレンドに必要な豆だったのですが、ハイチの豆が
入手不可能となった今、使い道がありません。そこで二人は考えた。

保管しておいてもオールドビーンとして価値は上がるが、なんだか勿体ない。
そこで二人はルワンダストレートと、ルワンダブレンドの二通りを作って会議で
飲んでみようと準備をしてくれました。
居合わせたコーヒースタッフ以外の人達にも参加してもらい、二種類のコーヒーを、
まずはブラックで試飲し、そのあとミルクを加えてカフェオレにして飲み比べます。
ブラックでは酸味が強すぎるものが、ミルクを入れたら意外なほどまろやかに
なったり、ブレンドの配合の妙にみんなで感心したりして、とても勉強になりました。
本当にコーヒーは奥が深いですね。

勉強熱心で探究心の尽きぬコーヒーメンバーを頼もしく思いながら、
その頑張りに応えるべく、もし新ブレンドが誕生したらどこでお披露目しようか?と
わくわくしながら考える私です。

まだ暑い日が続きますが、皆様もお体に気を付け、夏を乗り切って下さいね。


コーヒーかんfor blog.jpgルワンダ豆飲み比べfor blog.jpg
写真@ 廣田さんとコーヒー寒天               
写真A ルワンダコーヒー飲み比べ

 

コーヒー染め 森さん送別会

2012年6月25日、これまで長い間、コーヒー染めでお世話になった森陽子さんの
送別会を飯田橋の居酒屋で行いました。

もやいのコーヒー焙煎プロジェクトが6年前に始まり、焙煎の過程で廃棄するクズ豆を
「捨てちゃうのは勿体ないね。何かに使えないかね」と誰かが言い出したのが
きっかけでコーヒー染めが誕生し、森陽子さんが指導をして下さるようになりました。
私(小林)がもやいを知るずーっと前の話です。

森さんはとっても不思議な方で、独特な雰囲気をお持ちです。
透明感があるというのでしょうか。東京の雑踏に埋もれても、決して流されず、
悪いものを寄せ付けないしなやかな心の強さ、美しさを持ち、目に見えるもの、
見えないものの一つ一つを慈しみながら過ごしている、そんな勝手な印象を
私は持っています。

森さんの何でも受け入れてくれるゆったりとしたお人柄に惹かれ、コーヒー染めは
多くの人たちの安心できる居場所となり、コーヒー染めだけにとどまらず、藍染め、
草木染めへと展開し、染めた布で巾着やブックカバーを作ったり、コーヒーの麻袋で
バッグをこしらえたりと、活動の内容はどんどん豊かに、活発になりました。 
最近はイベントなどで販売させていただく機会も増えていたので、読者の中には
染めの作品をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

森さんは、7月から東京を離れ、兼ねてからの念願だった田舎暮らしを始めます。
新しい土地は長野県安曇野市。
コーヒー染めのメンバー達も、焙煎メンバー達も、「安曇野に森さんを訪ねるツアー」を
実現するため、これからコツコツと旅行積み立てを始めようと話しているところです。

一年後になるか二年後になるか分かりませんが、安曇野の美しい景色の中、
ノビノビと暮らす森さんと再会できる日が今から楽しみです。

森さん、今までお世話になり、ありがとうございました。
そしてお元気で!!

森さん送別会ブログ用.jpg
中央の赤い服の女性が森陽子さんです。


森さん送別会ブログ用2.jpg
語る森さん&須田さん

森さん最終日花束贈呈ブログ用.jpg
最終日の花束贈呈。
小野寺パパがひざまずいて…プロポーズ?

新メンバーの紹介

2011年6月29日

すっかり遅くなりましたが、5月から焙煎チームに加わった新メンバーを
ご紹介致します。

廣田利男さんです。

染めメンバーがコーヒーで染めてくれた名入りの手拭いを頭に巻き、
熱心に豆のハンドピックして下さっています。真面目で几帳面なお人柄なのでしょう、
廣田さんがハンドピックした後の豆はとても粒揃いだそうで、早くも焙煎チームから
信頼され、頼りにされています。
7月中に発行する予定の「こもれび通信」には、廣田さんの自己紹介文を
載せる予定でおりますので、皆さんもどうぞお楽しみに!!

 

廣田氏2.jpg

もやい旗用バッグ完成!!

2012年5月23日(水)

昨日は一日中雨が降り続いて寒いくらいだったというのに、今日は一転、カラリと晴れた
夏日になりました。一日で10℃も上がったり下がったりすると体がついていくのが大変ですが、
こもれびコーヒーの皆は気候にも動じず、本日も元気に焙煎をしていました。

さて、こもれびコーヒーがイベントに出向くたびに使っている「もやい旗」と「こもれびコーヒー旗」
があります。以前、コーヒー染めチームが作ってくれた素敵な旗なので、過去のブログ写真で
ご覧になって、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

今日はその旗を持ち運ぶ際に便利な袋を、染めチームが作ってくれました。


見よ!この素晴らしい出来!!

コーヒーが入っていた麻袋を何度も丁寧に染め、白抜きで「舫」のマークを入れてあります。
思わず「おおおおっ!!」と叫んでしまう素敵な袋です。染めの皆さん、ありがとうございます!

今後、イベントに出掛ける度には誇らしそうにこの袋を肩から下げて行きますので、
見かけた方はお声掛け下さい。

旗入れblog.jpg旗入れ2blog.jpg

モデル:パパ(小野寺さん) 「リュックにもなるんだ!」

 

祝!!東ティモール独立10周年

2012年5月20日

皆さん、お久しぶりです。良い季節になりましたが、いかがお過ごしですか?
こもれびコーヒーから発信するメールの最後に、「ブログ、日々更新中!」とテンプレートを
つけてアピールしているくせに、日常業務に追われて更新がすっかり滞ってしまっていました。
さぁ、気を引き締めてブログ再開です。

「東ティモール独立10周年記念フェスタin Tokyo」

2012年5月20日の今日、東ティモール民主共和国は独立10周年を迎えました。

侵略に次ぐ侵略のあとは、人口の三分の一が命を落とすほどの殺戮を生き抜いた国。
島中の家という家、インフラを破壊され尽くしたボロボロの状態から再出発を果たした人達の、
少しでも力になれればと考え、こもれびコーヒーでは6年前の発足当初から東ティモールから
フェアトレードコーヒーを購入し、焙煎しています。

自分達が焙煎するコーヒーがどんな国で作られているのかを知るために、これまでも
【こもれびコーヒー】はPARCICさん協力のもと、東ティモールとコラボ企画をしたことがありました。
今日は祝福すべき独立10周年記念の日です。こりゃあ、行かにゃあ!ということで、
【こもれびコーヒー】はメンバー5人で青山で開催された記念フェスタに行って参りました。

表参道からほど近いオシャレな会場、その大ホールには日本軍の慰安婦にされた女性達の
証言がパネル展示してありました。メンバーそれぞれが熱心に読んでいきます。
私は途中で内容のあまりの惨さに気分が悪くなってしまいましたが、多くの女性達が受けた
あまりに深い傷から目をそらすべきではなかったのかもしれません。幸い、メンバーの一人が
冊子を購入したので、あとでじっくりと読み、耳を研ぎ澄まして彼女たちの訴えを聴こうと思っています。
                写真blog.jpg

展示場を後にして階下へ降り、フェアトレードのコーヒーを味わった後、PARCICの
東ティモール駐在員として10年以上を現地で過ごす伊藤淳子さんのトークを聞き、続いて、
本日が初の公開リリースとなる映画「カンタ!ティモール」をメンバーみなで鑑賞しました。

精霊や妖怪を信じ、自然と深くつながりながら生きる東ティモールの子ども達の
弾けるような笑顔と元気いっぱいの歌声から始まるこの映画、微笑ましくて思わず顔が緩みます。

しかし、映画は進むほどに悲惨さを増していきます。
島中を覆う、計り知れないほどに深い悲しみや痛みがスクリーンいっぱいに映し出され、
観客の涙を拭う姿がそこらじゅうにありました。

家族を8人殺された若者、虐殺された家族の名前を胸に彫って生きる老人、
友人を目の前で殺された青年…村で家族を失わなかった人など誰もいない。
それなのに彼らは口を揃えてこういうのです。「虐殺した側を恨んではいない。
恨んでいては前に進めないから」

当時23歳だった広田奈津子監督が、訪れた東ティモールで一曲の歌と運命的な出会いを
したことから生まれたこの映画。
「ねぇ大人達、ねぇ仲間達、僕らの過ちを大地は知っているよ」
その歌は私の心にも強く刺さり、耳から離れないのでした。

「平和とはお金で買えるものじゃない。平和は演説じゃない。政策なんかでもない。
平和とは、暮らしそのもの」

村人たちが語った重い言葉の数々を反芻しながら、みんなで会場を後にしました。

私達が焙煎する【こもれびコーヒー】には東ティモールの豆が使われています。
【こもれびコーヒー】を購入していただくことで、お客様は東ティモールの人々に間接的に
つながっています。このような繋がりを広げるお手伝いができたら、私達はとても嬉しいです。

 写真2blog.jpg

写真:映画終了後のこもれびメンバー達

「東ティモール独立10周年フェスタin Tokyo」 ウェブサイト
http://tl10thjp.info/  

「カンタ!ティモール」ウェブサイト
http://www.canta-timor.com/

遠方より朋来る

2012年4月11日(水)

震災直前まで「こもれびコーヒー」の発送を手伝ってくれていた山端さんは、
当時は大学生でしたが、今は卒業し故郷の青森で生活しています。
これまでに「こもれび通信」でも何度か登場している彼は、大のコーヒー好き。
今でもコーヒーの注文をくれる有難い常連さんです。

今日、久しぶりに上京した山端さんがこもれび荘に遊びに来てくれました。
パパの作ったお昼ご飯を食べ、青森での生活を訛り交じりで報告して、
私達を和ませました。
お元気そうで何よりです。青森は遠いですが、また遊びに来て下さいね。
写真mini.jpg
小野寺パパと山端さん。


写真mini2.jpg
なんと、髪が金髪になっていました!

 

もやいの本が発売されました!!

〈もやい〉設立10周年記念書籍として、一年間かけて準備をしてきた
 『貧困待ったなし!とっちらかりの10年間』が岩波書店から刊行されました。
 〈もやい〉の10年間の歩みをスタッフや関係者がそれぞれの視点から執筆しています。  
 こもれびコーヒーの成り立ちや現在にも触れています。
 ぜひご一読ください。

 岩波書店のウェブサイトでは、一部をPDFで閲覧できます。

http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0245150/top.html

http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/5/0245150.html (書誌データ、ご購入サイト)

 3月31日(土)には、出版記念イベントも開催いたします。詳細は下記ブログをご覧ください。

 http://www.moyai.net/modules/d3blog/details.php?bid=1446

 よろしくお願いいたします。

************************

 貧困待ったなし!
―― とっちらかりの10年間 ――
自立生活サポートセンター・もやい 編

■体裁=四六判・並製・176頁
■定価 1,995円(本体 1,900円 + 税5%)
■2012年3月15日
■ISBN978-4-00-024515-9 C0036

ホームレスへの連帯保証人提供から始まった〈もやい〉は,常に貧困問題の最前線に
立ち,活動を広げてきた.だが派遣村以後,相談の激増がもたらした組織存続の危機
を,彼らはどう乗り越えたか.メンバーが率直に語る活動の軌跡からは,貧困問題の
現実,社会保障制度の矛盾,そしてこの10年の日本社会の姿が浮かび上がる.

 

あの日から一年…

3月11日、とすねっと(東京災害支援ネット)が福島からの避難世帯に
対して開催するチャリティディにこもれびコーヒーも参加して来ました。
避難世帯にとっては、きっともっとも辛いあの日の記憶が甦る日。

それでも、地下一階で行われていたバザーが終わり、ゲストの皆さんが
徐々にカフェのある9階にやってくると、会場は子供達の笑い声やお母さん
達の再会を喜ぶ声で大変な賑わいになりました。
広い会場が狭く思えるほどにごった返していたのは、今回学生ボランティアさんが
大量に来てくれたからでもあります。それぞれ持ち場で楽しそうに動いていました。

毎回顔を合わせる生田斗真似の男の子もやってきました。彼は人懐っこいので
どこに行っても人気者。こもれびコーヒーのおじさん達もメロメロなのです。
しかし、毎回顔を合わせ、結構なコミュニケーションを重ねているにも関わらず、
「覚えてる?」と聞くと、毎回必ず「ううん、覚えてない!」と確信に満ちた答えが
返ってくるのが切ないです。私達の魅力不足でしょうか?

私達が出張カフェを開いた9階会場では、法律家によるワンポイント講座も
行われました。避難世帯の皆さんの明日の生活に直結する「補償」に関する
法的ノウハウや注意点などが説明され、熱心に耳を傾ける避難家族の方が印象的です。

チェルノブイリからのゲストもあり、福島の皆さんとの交流を楽しまれていました。

チェルノブイリのゲスト.JPG

お昼時間のほんの短い時間のコーヒー提供でしたが、間断なくコーヒーを求めて
来てくれる方々がいてくれたので、コーヒースタッフはみな大忙しでした。
ひたすらコーヒーを落としては出し、落としては出しを繰り返します。
毎月のチャリティディで顔を合わせる福島の皆さんに、今日も焙煎して
ちょうど良い頃合いのこもれびコーヒーを飲んでいただく。
飲んだ皆さんが少しでも「美味しい!」って思ってくれたら。少しでもホッとしてくれたら。
お友達と会話が弾むきっかけになってくれたら・・・。そんなことを願いながら。
結局、120杯のコーヒーを飲んでいただきました。

コーヒーを淹れる.JPG集合写真A.JPG

 

本日は13:30から聖堂で311記念ミサが行われ、私達コーヒーメンバーも
今回初めてミサに参加しました。
ミサの最中、すすり泣きや嗚咽が聞こえ、私はただ下を向き身を固くしていました。
改めて、彼らがまだ深い苦しみの中にいて、しかもまともな補償すらされず、
明日の不安に苛まれながら出口が見えない日々を生きている事を再確認しました。

一年前のこの日、突然断ち切られた多くの魂が安らかであるよう、
被災した皆さんが一日も早く生活を再建できるよう、
子供達の笑顔や夢が守られ、元気に育つよう・・・、
すぐ近くのイグナチオ教会で鳴らす鎮魂の鐘が響く中、
固く目を閉じ祈りを捧げました。

大倉山ドキュメンタリー映画祭

2月25日、朝から雨が降る中、コーヒーメンバー4名で横浜市の大倉山に
出掛けて来ました。<もやい>やこもれびコーヒーとつきあいの長い
映画監督飯田基晴さんの「今日も焙煎日和」と「いぬとねことにんげんと」が
大倉山ドキュメンタリー映画祭で上映されるからです。

「今日も焙煎日和」が撮られたのは、コーヒー焙煎チームが生まれた6年前。
ホームレス経験のあるおっちゃん達が集まって、ああでもないこうでもないと
コーヒー豆を囲んで試行錯誤を繰り返していたころの記録です。

25日、26日の二日間に渡って映画祭が行われるのは、東横線大倉山駅
から急な坂をえっちらおっちら上った高台に建つ横浜市大倉山記念館です。
歴史を感じさせる重厚な石造りの建物が私達を迎えてくれました。

DSCN0576.jpgDSCN0566.jpgDSCN0565.jpg

入口を入ってすぐのお部屋で映画祭実行委員の皆さんが手作りのケーキや
飲み物を販売しており、その端っこに場所を借り、こもれびコーヒーも
コーヒーと、初代コーディネーターであるうてつあきこが記したコーヒー焙煎の
記録「つながりゆるりと」を販売させていただきました。

DSCN0573.jpgDSCN0567.jpg

雨降りにも関わらず、会場にはたくさんのお客さんがお見えになり、
映画やケーキを楽しみ、それぞれの映画の監督らと談笑しておられ、
カフェスペースには終始温かな空気が漂っておりました。
「今日も焙煎日和」もたくさんの方々に観ていただくことが適いました。
映画が終わると、映画の登場人物である焙煎メンバー達が前に呼ばれ、
挨拶などをさせてもらい、飯田監督や観客の皆さんからの質問にお答えしました。
「俺、恥ずかしくてイヤだよぉ、サングラスかけてくれば良かった」「挨拶なんて
絶対しない」なんて最初は言っていた照れ屋のスタッフも、なんてことはない、
その時になれば堂々と饒舌に話してくれるのです。

私も久しぶりにこの映画を観ました。1年半前に焙煎チームに参加した
私としては、5年前のメンバー達の様子は何度見ても新鮮です。そして
何度見ても胸がいっぱいになってしまいます。

飯田監督、実行委員の皆さん、嬉しい機会をありがとうございました。
物販のコーヒーは26日の分まであっという間に完売。
買って下さった皆さん、ありがとうございました。
焙煎メンバー達の人生がブレンドされたコーヒー、気に入っていただけたら幸いです。

DSCN0571.jpg

チャリティディ@聖心女子大

去年の震災からちょうど11か月の2月11日、こもれびコーヒーは聖心女子大学で                    開催された「とすねっと」企画のチャリティディに参加してきました。
震災後、福島から東京に避難されている方は8500人以上いらっしゃると言われており、
その数は日々変動しているものの、たくさんの方々が今も東京で生活しておられます。
「とすねっと」は震災直後から東京に避難している家族を支援している団体で、
こもれびコーヒーもほぼ毎月開催されるチャリティディに参加し、コーヒー提供をしています。

今回は初めての会場でした。聖心女子大学!!普段自由に入れない場所ですし、
独特のイメージもあります。わくわくして向かった大学のキャンパスは、歴史的価値の
高そうな建築物を擁したとても美しいキャンパスで、当日は午後からチャペルにて
卒業生の結婚式も行われていた模様です。

カトリックの聖心女子大学に、この日「服の選択を間違えた」としきりに悔やむ人物が一人
おりました。とすねっとスタッフのOさん。彼がこの日、着てきてしまったのがコレ。
「寒くないのに上着脱げなくて・・・」と困っているのが可笑しかったです。                         

ブログ用DSCN0515.jpg

さて、会場となったマリアンホールの二階に、こもれび出張カフェ本日も開店です。 

ブログ用DSCN0542.jpg

「このコーヒーの味を楽しみにしていたのよ〜」とお客さんが言って下さると、
コーヒーメンバー達も俄然張り切ってしまいます。ボランティアのK子さんのクッキーと
Sさんの生チョコケーキをお勧めすると、皆さん顔がパーッと明るくなるのも嬉しい。

会場には子供の遊び場も豊富に設置され、元気な子供達の声が響いていました。
福島から避難されているご家族の多くは、父親を福島に残しているケースが多い為、
いつもは母子が多いのですが、今回はお父さんの姿もちらほら見られ、そのせいか
子供達のテンションがいつもと違うように見えました。

会場一階ではいつも通りバザーが開催され、二階ではこもれびコーヒーのほかに
法律相談、アロマのハンドマッサージ、綿あめやフリートレードのホットココアを提供する
カウンターができました。 お母さんと並んで、小さな女の子がハンドマッサージを受ける
かわいい姿も。マッサージを施す側も、見ている私達も笑顔満開です。

ブログ用DSCN0545.jpg

私達は参加できませんでしたが、別会場ではマリンバ演奏やミサも行われました。
一年近く経過した今も故郷を離れ、慣れない土地で父親と離ればなれ暮らし、
満足な補償もないままに貯金を切り崩しながら不安に包まれて暮らす参加者の皆さんの
心がほんの少しでも慰められますように。

次のチャリティディは震災からちょうど一年の3月11日。
皆さん、またお会いしましょう。

http://blog.goo.ne.jp/tossnet
とすねっとのブログはこちら。寄付のご協力をお願いします。

大倉山ドキュメンタリー映画祭のお知らせ

映画祭のお知らせです。

第5回 大倉山ドキュメンタリー映画祭                                         2012年2月25日(土)〜26日(日)  

普段は見る機会の少ない自主制作のドキュメンタリー映画を
上映する 映画祭が、横浜の大倉山記念館で催されます。  
今回が第5回目にあたる大倉山ドキュメンタリー映画祭では、
「いのち」を めぐる11本のドキュメンタリー映画が集められました。

もやいの交流事業であるコーヒー焙煎。
ホームレス経験のあるおじさんたちがサロンに集まって、
サロンで出す コーヒーを自ら焙煎しようと思いついたのがその始まりです。
今では日本中からご注文をいただくようになった「こもれびコーヒー」。
その味ができるまでのけんけんがくがく、紆余曲折が記録された
「今日も 焙煎日和」(飯田基晴監督)も、25日土曜日にBスクリーンで
上映されます。 この機会に是非、ご覧になって下さい。

映画に登場する焙煎チームのおじさん達も、この日はスクリーンから
抜け出して(?)映画館でコーヒー販売を致します。
映画を観て、 こもれびコーヒーを飲んでみたくなりましたら、是非お試しください。  
映画祭の期間中、大倉山記念館の素敵な一室でドキュメンタリーカフェも
開催されます。実行委員会の自慢のケーキ、クッキー、軽食、飲み物が並び、
ドキュメンタリー映画のDVDや関連書籍なども販売される予定だそうです。
上映作品の監督と歓談する機会もありますので、どうぞお立ち寄り下さい。  

詳しくは以下のブログで・・・  
http://blogs.yahoo.co.jp/ookurayamaeiga/1945898.html
大倉山ドキュメンタリー映画祭公式ブログ  

今年も宜しくお願いします。

1月も半ばを過ぎましたが、明けましておめでとうございます。

こもれびコーヒーの焙煎メンバー達もみな元気で2012年を迎えました。

温かい言葉を添えた年賀状を下さった皆様、ありがとうございました。

メンバーで楽しく嬉しく拝読致しました。

今年も、心をこめてコーヒーを焙煎致します。

引き続き、こもれびコーヒーをどうぞ宜しくお願い申し上げます。

                    

                      こもれびコーヒースタッフ一同

みんなで年賀状書き

2011年12月14日(水)

早いもので、もう12月も半ばとなりました。
街のあちこちでチラチラと瞬くクリスマスイルミネーションがキレイですね。
こもれび荘も24日のクリスマスパーティに向け、小野寺さんが飾り付けを
開始しています。慌ただしい年の瀬ですが、飾り付けを見るとウキウキしてきます。
クリスマスパーティでは、こもれびコーヒーも70杯ほど準備しておりますので、
お近くにお住まいの方は是非お立ち寄り下さい。

さて、今日はコーヒーメンバーみんなで年賀状書きをしました。
前日から下書きをした用紙を持ってきた石川さんも、最近お手伝いに
来てくれるSさんも、フラッと立ち寄ってくれたAさんも、みんなで心を込めて
一枚一枚書きました。お世話になった皆さんに、感謝の気持ちが届きますように。

 

写真 2blog.jpg



 

 

 

 

 

 

 

 

 

チャリティディ@ニコラ・バレ教会

12月4日、とすねっと企画恒例のチャリティディが四谷のニコラ・バレにて行われました。
バザーやハンドマッサージ、こもれびコーヒーの提供などはこれまで通りですが、時は既に
12月、クリスマスシーズンです。
なので、とすねっとの皆さんが子供たちの為に「スタンプラリー」を企画していました。
会場のあちこちに散らばる、サンタやトナカイ、コーヒー豆などのアイテムを探しだし、
シールを貼ってもらうとプレゼントが貰えるよ♪♪という楽しいゲームです。
スタンプラリーブログ用.jpg理事長大忙し2ブログ用.jpg

こもれびコーヒーは「コーヒー豆をさがせ!」で参加。左下の部分に緑の生豆と、焙煎して
こんがり茶色のコーヒー豆を貼り付けて行きます。わらわらと子供が集まり、理事長も
手伝ってくれた反貧困ネットワークの大河内さんも大忙しです。
サンタとトナカイは会場となっている地下や、受付のある一階、ランチ会場である9階を
行ったり来たり神出鬼没にしていました。サンタとトナカイのツーショットです。その正体は、
とすねっとの代表森川弁護士さん(サンタ)と事務局長の山川弁護士(トナカイ)。子供達に
大人気でしたね。  
                 トナカイさんとサンタさんブログ用.jpg

この日は元福島在住で現在は京都府に暮らすアーティストのジェフ・リードさんと
漫画家でボランティアの森生さんが来て下さり、似顔絵ワークショップが開かれました。

ジェフさんコーナーブログ用.jpgジェフワークショップブログ用.jpg

ジェフさんは常にモデルとなる人と共同制作で絵を描きます。
子供たちの選んだ色、表情で肖像を描き、その後、子供達が自由に絵を描き加えていき
完成します。ジェフさんはホームレスの人々の肖像を描いてきた人ですが、震災以降は
被災地の子供達を描いています。モデルの数はもうすぐ100人になるそうです。
ジェフさんの描いた被災地の子供達は、現在新宿駅構内(東口)の喫茶店BERGで展示
されています。12月31日までの予定です。是非、足をお運び下さい。

http://www.berg.jp/exhibition/2011ex12/2011ex12.html
ジェフ・リードと福島の子どもたち Strong Children Japan @ベルク

この日も、こもれびコーヒーにはたくさんの方が訪れてくれました。
ソフトドリンクやクッキーを喜んでくれる子供達、「ここのコーヒーは美味しいわねぇ〜」と
コーヒーメンバーみんなが笑顔になってしまう言葉をかけて下さる方もいました。嬉しいですね。
11時から午後3時までに、150杯〜160杯のコーヒーを飲んでいただきました。
一か月ぶりの皆さんにお会いして、コーヒーメンバー達もみんな笑顔です。

      焙煎組ブログ用.jpg
この日の朝、タクシーに大荷物を積み、コーヒーメンバーの小野寺さんと教会に向かいました。
そんな私達に運転手さんが「今日は何かあるんですか?」
チャリティディの概要をお話しすると、「ありがとうございます」と深く頭を下げる
初老の運転手さん。
はて?なぜに?と怪訝に思ったら、「石巻です。私、石巻の出身です」とのこと。
石巻に住むご家族のお話をしてくれ、その後は岩手県出身の小野寺さんと
話し込んでいました。
私達はみんなどこかで被災地につながっている。そう実感したひと時でした。

来年もチャリティディに呼んでいただければ、引き続きコーヒー無料提供に駆け付けようと
思っています。皆さん、またお会いできる日までお元気で!


とすねっと企画チャリティディ@聖公会アンデレ教会

祝日の11月3日木曜日、とすねっとさん企画のチャリティディに参加しました。

とすねっとが企画するこの催しは、福島から東京近郊に避難されている被災者の皆さんを対象にし催しで、こもれびコーヒーの参加はこれで三度目です。今回会場となったのは、神谷町の聖公会アンデレ教会。 東京タワーがすぐそばにそびえていて圧倒されます。

            DSCN0458.jpg          DSCN0450.jpg

この日はバザーの他に、足湯、ソフトドリンク、お食事、ケニアの有機紅茶などのサービス、そして多肉植物の売店、法律相談、宅急便送付コーナー、そして親御さんが買い物で忙しくしている間にお子さんを預かるキッズプレーコーナーが大変充実していました。

教会の講堂では、七五三の写真撮影が行われていて、お母さんと子どもさんが嬉しそうにカメラに向かって微笑む姿が見えました。

教会の敷地をブラブラしていると、休憩所に子供達が並べたのか、ウッドテーブルにどんぐりがキレイに整列しています。思わず気持ちが柔らかくなってパチリ。

DSCN0456.jpg

11時にバザー会場が開くと、訪れた皆さんがワイワイと建物の中に吸い込まれていきます。皆さんが買い物に落ち着いて、ホッと一息つきたくなったらコーヒーの出番です。前回、「このコーヒーは美味しいねぇ」と褒めてくれた方が本日もいらっしゃってます。何度か参加させてもらっていると、だんだんと顔見知りの方や子供達も増え、再会やちょっとした会話がとても嬉しいです。

避難されている皆さんのご苦労を思うと、いたたまれない気持ちになりますが、どうかお元気でいて欲しいと願います。次回は12月。また、皆さんに再会するのが楽しみです。

集合写真ブログ用.jpg

 

石川さん、小野寺さん、Happy Birthday!!

石川さん、小野寺さん誕生日 2blog.jpg11月2日の焙煎ミーティングの最後に、石川さんと小野寺さんのお誕生日を祝いました。

メンバーの誕生日には、Hさんが本人の希望を聞いてプレゼントを準備することになっています。10月31日が誕生日だった石川さんはパジャマ、11月1日に74歳になった小野寺パパは冬に向けてムートンブーツを所望、二人ともプレゼントをもらってご満悦です。小野寺さんは早速ムートンブーツに足を   入れ、思わず岩手弁で「あっだげ!」。

最近、こもれびコーヒーを手伝ってくれているお茶の水大学の朝倉さんが、この日はスコーンを焼いてきてくれたので、バースディケーキならぬバースディスコーンを美味しくいただきました。石川さん、小野寺パパ、これからも益々元気で、こもれびコーヒーを助けて下さいね。良い一年になりますように。

(写真)石川さんはパジャマを手に、小野寺さんはムートンブーツを履いて。

Sing With Your Neighbors (THE BIG ISSUE SUPPORT LIVE Vol.2)

去る10月1日土曜日、南青山のお寺、梅窓院の祖師堂にてビッグイシューサポートライブ
第二弾が行われました。このイベントは、シンガーソングライターで作家でもある寺尾紗穂
さんが、ビッグイシューをもっと多くの人に知ってもらいたい!との思いで企画し、ビッグイ
シュー、ひとさじの会、日本元気塾、MIDI INC.の協力によって進められ、実現しました。
もやいも企画段階から参加させていただいています。

寺尾さんは、サロンの常連さんだった故坂本さんをモデルにした曲も作られています。
もやいが寺尾さんとつながったのも、坂本さんが縁を結んでくれたのが始まりです。

*寺尾紗穂さん公式ウェブサイト
http://www.tblegs.com/terao/win/
*「アジアの汗」プロモーションビデオ
http://www.youtube.com/watch?v=JBvpqKFDd9w

今回のイベントでは、こもれびコーヒーの紹介、そして坂本さんが生前描いた絵も展示させ
てただきました。


~坂本さんの絵の前で。コーヒーチームの小野寺さんと大久保さん~ 

ライブ当日の1日、予報では雨でした。もやいはコーヒーチームによるコーヒー販売、碓氷&
南さんペアによる炊き出し、稲葉の座談会出席を担当していて、室内で行われる座談会
はともかくとして、コーヒー販売と炊き出し提供場所は会場の外。雨だったら客足に響くねー
と数日前から心配していたのですが、予想に反し、当日は何とも気持ちの良い秋晴れと
なりました。

会場の入口付近に駐車したイカしたキッチンカーは元気塾さんからお借りしたもの。その
中で碓氷&南ペアが黙々と野菜を刻み、仙台の郷土料理「おくずかけ」をこしらえます。
その隣では「ひとさじの会」のメンバー達が4時半起きして作った愛情いっぱいのおにぎり
がズラリ。これらは無料。出演アーティストをはじめ老若男女が列に並び、穏やかな秋の
空の下、舌鼓を打ちました。

こもれびコーヒーは、コーヒー販売に最も適した場所――禁煙エリアのすぐ隣にテントを
張って陣取り、Hさんが丁寧に入れたコーヒーに、マダムK子さんお手製のクッキーを付け、
お客様にサーブさせてもらいました。「お好きなクッキーを一つお選び下さい」と言うと、
お客様の顔がほころびます。えー、いいんですか?どっちにしようかしら?と喜んでいただ
けるのがとても嬉しいひととき。K子さん、いつもありがとうございます!

 

この日、こもれびコーヒーは予想を遥かに上回る人気でした。光照院の吉水さんが作って
下さったバルーンアートのお花がコーヒーテントに文字通り花を添えています。何とも可愛
らしいこもれびカフェの出現です。お花とコーヒーの香りに誘われて、お客様が大勢訪れて
下さいました。

会場ではcero、前野健太、タテタカコ、寺尾紗穂、ジンタらムータ、太陽バンド、当事者さ
んで結成されたブルースカイハーモニカバンド、バロン、ビューティフルハミングバード、
ムッシュかまやつが集まった観客をウットリさせたり興奮させたりしておりました。ライブを
満喫したお客さん達が口々に「いやぁ、すごかった!!」とか「涙が出た」などと感想を言い
ながら出てくるのを、半泣きになりそうなくらいに羨ましいと思いながら、晴れやかな表情の
皆さんがコーヒーを飲んでくれ、青空の下楽しそうに歓談するのを眩しいような気持ちで眺め
ておりました。普段は接点がないかもしれない当事者さんやお客さん、アーティストがここ
でつながって炊き出しやコーヒーを手に穏やかに会話を交わしているのが素敵でした。

アーティストのライブ目的で集まった皆さんは果たして貧困問題や座談会に興味があるの
かしら?と心配をしていたのですが、この予想も大きく裏切られました。

一橋大学イノベーション研究センター長教授であり日本元気塾塾長の米倉誠一郎さんが
座長のTHE BIG ISSUE座談会、パネラーはビッグイシュー東京事務所マネージャーの
佐野未来さん、光照院の吉水さん、ビッグイシュー販売者のIさん、寺尾紗穂さん、もやい
の理事長稲葉で構成されています。米倉さんの軽快な司会で貧困問題に関する議論が進
められ、多くのお客さんが熱心に聞いて下さいました。私も座談会を聴いていて、素晴らし
い連携だなぁと感心し、横のつながりの大切さを再確認しました。米倉さんには、こもれび
コーヒーの宣伝もしていただいたお蔭で、座談会終了後、本当に一瞬でコーヒーが完売し
てしまいました。米倉さん、皆さん、ありがとうございました。

私は日頃から、日本の貧困問題を知って欲しいと願って活動をしていても、なかなか偏見
の壁は崩れず、一向になくならない自己責任論などに悩んでいるのですが、このイベント
にはとても不思議な力があり、貧困、貧困と声高に叫ぶまでもなくいろいろな人が集まり
混じり合い、違いの垣根をあっさりと超えて同じ場所に共存し、気持ちの良い時間を共有し
て笑って帰って行く。何だか不思議な現象を見たような気持ちでした。

寺尾さんと坂本さんの出会いから始まって、関係団体やアーティスト、そして集まって下さっ
たお客様がつながり、夢みたいな一日となりました。秋の晴天が、参加者の熱意がもたら
した好日。企画者の寺尾さんは、これを一夜で明ける夢で終わらせるつもりはなく、今後も
ずっと続けて行かれると宣言してらっしゃいます。もやいもこもれびコーヒーも来年の参加
を今から楽しみにしております。今回来られなかった方も来年は是非!!
                                                  〈小林〉

 

9.11チャリティディ&祈りの集い@ニコラ・バレ教会

ブログ用写真19.jpgブログ用写真4.jpg

9月11日、残暑の厳しい日曜日。 
こもれびコーヒーは、とすねっと企画のチャリティディ&祈りの集いに参加して参りました。
福島から東京に避難している方を対象としたこの催しで、各団体のボランティアによる
バザーや法律相談、音楽会やアロマセラピーなどが行われ、その一角にこもれびコーヒーも
カフェスペースを作らせてもらいました。この催しは、赤坂プリンスを出たあと、散り散りに
離れて暮らす被災者達をつなげる為の催しでもあります。赤坂プリンス滞在の頃から、
あるいはそれ以前から顔見知りだったお母さん達が、久しぶりに顔を合わせてテーブルを
囲み、真剣な顔で情報交換をしていました。

6月17日にイグナチオ教会で行われたイベントで、イギリス人アーティストのジェフ・リードが
似顔絵を描かせてもらった子供さんとそのご家族も二組お見えになり、お元気そうなその姿に
私達もホッとしたのでした。

さて、久しぶりの再会を果たした子供たちは、元気いっぱい。
特にボランティアさんにバルーンの刀を作ってもらった男子達が大興奮。
刀を手にした戦士になって、終始全力で会場を走り回って戦っておりました。
もやい理事長も刀を手に挑戦したのですが、たちまち四人くらいの男の子に囲まれボコボコに
される始末。私も5分と体力が持ちませんでした。

駆け回るから喉も乾く。子供たちはこもれびコーヒーの長テーブルを何度も訪れ、元気に
ソフトドリンクをおかわりし、ボランティアのSさんが作ってくれた手作りクッキー(オートミール&
ゴマ)を平らげてくれました。

慣れない土地での避難生活。福島に夫を残し、母子で暮らす方も多くいらっしゃいます。
まだまだ先の展望が何も見えず、ストレスや疲労は限界に近いことでしょう。
私達にできることは、たまのイベントでコーヒーやお菓子を出すことくらいですが、福島に
起こったこと、そこに住む人達のことを決して忘れてはいけない、他人事だと思っては
いけないと走り回る子供たちを見ていて強く思いました。

 

お誕生日おめでとうございます!

稲葉さん誕生日2.JPG2011年8月3日

先月、コーヒー焙煎チームの大事なメンバーでもあり、もやいの理事長でもある稲葉さんの四十ン回目のお誕生日がありました。

コーヒー焙煎チームからは本人リクエストの「やかん」が、コーヒー染めチームからはコーヒー染めの手ぬぐいがプレゼントされました。

稲葉さんの為に染めチームが心をこめて染めた手ぬぐいには、かわいいうさぎが白抜きされています。言わずと知れたご本人のニックネームですね。

染めチームがみんなでワイワイ盛り上がりながら笑顔いっぱいで作ってくれたに違いない世界で一つの手ぬぐい。 大事にしてくださいね。これからも体を大切に、お元気で激務をこなして下さい。

 

 

 

とすねっと企画 チャリティディin イグナチオ教会

Jeff blog.jpg   komorebi cafe blog.jpg  

6月17日金曜日、前日からの雨が降り続く中、コーヒーチームは四谷のイグナチオ教会で   「とすねっと」さんの企画したチャリティディにこもれびコーヒーを無料提供しに行ってきました。        会場には所狭しとバザーの商品が並べられ、その端っこにこもれびコーヒーが出店します。  前回の岩手出張カフェの際にも協力して下さったK子さんと、火曜ボランティアのSさんが    焼いて下さった美味しそうなクッキーも並べ、スタッフ達でコーヒーとウバ紅茶を準備しました。

会場のバザー用品を熱心に見て回るお客さんの多くは、福島から避難されている方達です。 東京の避難所を出た後に必要になる台所用品、電化製品、食器などを調達する必要があります。みんな一生懸命に並べられた商品を選んでいました。

今回のこもれびカフェ、コーヒー提供のほかにも目玉がありました。                            「無料似顔絵コーナー」です。                                        似顔絵を担当して下さったのは、「もやい」とも理事長の稲葉と長~い付き合いになる、          福島在住イギリス人アーティストのジェフ・リードさんと、先日は岩手でも似顔絵を描いて好評   だった元漫画家のもやいボランティアMさん。ジェフさんは、何とご自宅のある奥会津から、    自転車で駆け付けてくれました!! 「クリーンエナジー」と得意そうに言う割には、「元気?」と     聞くと「ちょっと疲れが・・・」と疲労が抜けない様子。15時間も自転車漕いだのだから当然と    言えば当然です。              

似顔絵コーナーは、お子さん連れに大人気でした。ジェフさんも、Mさんも休む暇がないほどに 沢山の肖像画を描き、喜んでいただけました。                            

ジェフさんの描いた被災地を逃れた子供たちの肖像は、夏のFUJI ROCKに展示され、同時にウェブでも公開されて世界に発信される予定です。           

福島から避難する皆さんの声が聞けた、とても有意義な一日でした。

岩手避難所出張カフェ開店!!

DSCN0063.JPG

こもれびコーヒーチーム、岩手で出張カフェを開いてきました。                    メンバーは理事長含めるコーヒーメンバー3人と別団体から参加してくれた               2人の合計5名です。

4月30日の朝から出掛け、三泊四日の短い間ではありましたが、岩手県                大船渡市の避難所二か所と遠野のボランティアセンターでこもれびコーヒーを               淹れ、避難所にいらっしゃる皆さんと交流してまいりました。

コーヒーを落とし始めると、「良い香りに誘われてやってきました」と人が集まり始め、      「コーヒーなんて本当に久しぶり!とっても美味しかった!」との嬉しい言葉に           私達は全員胸がいっぱいになったのでした。

詳しくは以下のブログをご覧ください。  

http://www.moyai.net/modules/d3blog/details.php?bid=1260

「こもれびコーヒーを岩手の被災地で出してきました・上」

http://www.moyai.net/modules/d3blog/details.php?bid=1261

「こもれびコーヒーを岩手の被災地で出してきました・下」

 

瓦礫の山となった町を前に茫然自失と立ちつくし、私達は何をしたら良いのか、         どこから始めたら良いのか分からなくなってしまいます。しかし、何もかもを失いながらも     必死で生きる多くの人たちが、また再び絶望することなく、一日も早く安心のできる        住まいと生活を取り戻せるよう願ってやみません。私達に何ができるのか、            コーヒー隊となって現地に出入りしながら模索しようと思います。(2011年5月9日)

 

業務再開のお知らせ!!

2011年3月23日 

地震の影響で、一週間ほどお休みをいただいていた「こもれびコーヒー」ですが、         

今週から通常業務に戻りました。今後ともどうぞ「こもれびコーヒー」及びメンバー達を      

宜しくお願い申し上げます。

一時休業のお知らせ

2011年3月15日(火)

去る3月11日、未曽有の大地震が東北地方を襲いました。

その威力は凄まじく、北海道から北陸、東京までの広いエリアを激しく揺さぶり、

大津波を起こし、東北地方を中心に甚大な被害を残しました。

連日テレビに映し出される悲惨な光景に、私達はただただ言葉を失っています。

このたびの地震により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

私達も東京で被災しましたが、こもれび荘の焙煎部屋にある焙煎機は

辛うじて無事でした。チームメンバーもみな無事でしたので、今週も普段通りの

営業をするつもりが、事態はなかなか好転しません。 そこで、スタッフみんなで

相談した結果、焙煎をはじめとする<もやい>の活動を しばらくお休みさせて

いただくことになりました。

定期便のお客様、単品でご注文を頂いたお客様にはご迷惑をお掛けして

心苦しい限りですが、どうぞご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

                                    こもれび焙煎スタッフ一同

ハイチブレンド販売停止のお知らせ

2011年1月5日

新年明けましておめでとうございます。

皆さんはどのようにお正月を過ごされたのでしょうか?

今年が皆さんにとりまして、少しでも良い年になりますよう、願っております。

今年も【こもれびコーヒー】を、どうぞ宜しくお願い致します。

さて、新年早々ではありますが、大切なお知らせです。    

昨年、大きな地震により災害を受けたハイチに、少しでも力になれればと思い、

ハイチブレンドを販売させていただいておりましたが、ハイチ産生豆の入手が                      

困難な状態になりましたので、『ハイチブレンド』の販売を一時停止させていただくことに

致しました。

昨年の地震は、生産地に直接の被害こそ与えませんでしたが、首都機能を壊滅状態に        

陥らせました。3年前のハリケーン被害からの立ち直りも遅れているようです。 

現地では、今がまさに収穫時期ですが、果たしてどれくらいの収穫が見込めるかも

不透明です。 収穫が出来れば、日本にも輸入されると思いますので、また販売を

開始させていただきます。

尚、現時点で『ハイチブレンド』のご注文をいただいているお客様(定期便を含む)に             

関しましては、最後まで『ハイチブレンド』をお届け致しますので、どうぞご安心下さい。

『ハイチブレンド』の今後や、新しいブレンドに関しましては、はっきりし次第お知らせ

致しますの で、今しばらくお待ち下さいませ。よろしくご理解下さいますよう、

お願い申し上げます。

                                こもれびコーヒースタッフ一同

 

Happy Birthday!!

            井上さん誕生日blog1.jpg 井上さん誕生日blog2.jpg 

 

 

 

 

   

 

 

 

2011年1月21日

1月11日はこもれび焙煎チームメンバー井上さんのお誕生日でした。

19日水曜日の定例会議後にプレゼントとカードをお渡ししました。                    

焙煎チームでは、誕生日が近づくと「欲しいもの」を申告してもらいます

最近では時計、健康枕などがありましたが、井上さんがリクエストしたのは、

薄手のジャンパーでした。

リクエストが決まると、Hさんがインターネットを駆使し、本人の希望に

一番近そうなもので且つ見た目も良く、そして予算内に収まるものを 

探して購入してくれます。その間に、こっそりとカードがメンバーの手から手へ。

その途中でうっかりカードやプレゼントが本人の目に触れてしまっても、

本人は気付かないフリをしてくれます。

こうして、会議の最後に「おめでとうございまーす!!」となるわけです。                

プレゼントされたジャンパー、とてもお似合いです。

ちょっときついお腹周りはダイエットして下さい。 

  

今年もお世話になりました。

コーヒーお飾り1.jpg2010年12月29日

慌ただしい日々に追いまくられて夢中に過ごしてきましたが、

ふと気が付けば今年も残す所あと2日です。早いものですね。

この一年は皆さんにとってどんな年でしたか?

こもれびコーヒーの仲間たちが、来年も元気で美味しい  

コーヒーを焙煎し皆さんに喜んでもらえますように。 

Hさんが焙煎機の前にお飾り、お神酒、盛り塩をしてくれました。

来年も、どうぞ「こもれびコーヒー」を宜しくお願い致します。

懇親会

去る11月12日にコーヒー焙煎チームの懇親会をしました。

この秋は学祭やイベント続きで焙煎メンバーは大忙しでした。

そのせいで、大事なお客様からコーヒーのご注文をいただいても、

お届けまで時間が掛かってしまった場合もありました。

寛容な心でお待ち下さった皆さん、本当にありがとうございました!

そんな忙しさもようやく一段落したので、新しいメンバー石橋さんの

歓迎会兼お疲れ様会を開こうということになったのです。

 

飯田橋の居酒屋に集まったコーヒー焙煎、コーヒー染めの

メンバーら合わせて12人。

Hさんが事前に決めてくれたコースを次から次へと平らげました。

普段は作業に集中していて無口なメンバーも、この夜はお酒を手に

ニコニコ饒舌です。あちこちで笑い声が上がる楽しい夜でした。

 

知らない者同士が一緒に働いているといろいろな事がありますが、

これからも皆、時には話し合ったりケンカしたりもしながら仲良く、

お客様に喜んでもらえるコーヒーを一緒に作っていきましょうね。

for blog1DSCF4025.jpg

10/13 イベントが続いています。

コーヒー通信をお送りしてから、たくさんの方にご注文をいただきました。
また、ネットショップからのご注文もいただいています。
ご注文いただいたみなさまありがとうございました。
ただ今、注文が立て込んでおりますが、順次焙煎しておりますので、
少々お待ちいただければと思っています。

いよいよ、10月16日の反貧困世直し大集会が近づいてきました。
こもれびコーヒーでは、ブースを設けて出店することになっており、
ドリンクと粉両方販売させていただくことになっています。
そのための準備をみんなで行っています。

お近くの方はぜひおいでくださいませ。
お待ちしております。

イベント詳細↓
「反貧困世直し大集会2010〜いい加減変えようよ!希望のもてる社会へ」http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/event/101016yonaoshi2010.html

      DSCF3949.JPG

      *焙煎したコーヒー豆をハンドピックしています。

 

 



 

 

 

9月22日 こもれびコーヒー通信発送しました

こもれびコーヒー通信No.10を発送しました。

発送準備を手伝って下さった皆様、どうもありがとうございました。

 

発送風景.jpg

 

 

8/21 「こもれびコーヒー通信 No9」より

こもれびコーヒー通信から、少しずつ記事を紹介したいと思います。

******** 

いつも、<もやい>でご飯つくりをしてくれている小野寺さん。スタッフや仲間たちの健康を考えて、栄養のバランスを考えて創意工夫で様々な料理を生み出してくれます。定番の麻婆豆腐にもやい炒め、ニラ卵、具だくさんの味噌汁、にんにくの効いた季節の野菜が入ったパスタ・・どれも、<こもれび荘>ではお馴染みの味です。おふくろの味ならぬ、パパの味!どのような経緯で、小野寺さんが私たちのご飯を作るようになったのかを書いてくださいました。******  初めに食事を作ることになったのは、私が<もやい>の保証人になっていただき、おかげさまでアパートに入りはや8年になり現在にいたっている。そこで、現在サロンの土曜日や水曜日、金曜日に<もやい>スタッフ及びコーヒー焙煎プロジェクトチーム及び、染めチームのお昼の食事を作っている現在です。 その前は、四谷で<もやい>のニュースレターの発送作業を手伝っていました。それから<もやい>の事務所が飯田橋に移ってから、スタッフの皆さんがますます忙しくなって、食事をするのもおろそかになり大変だと思っていた。それで、自分も何か手伝いたいと思い、火曜日が相談日なので、スタッフの食事を作り始めました。スタッフが相談を受ける時間は、午後9時に終わった後で、22時頃から約1時間ほどその日の報告及び反省と、今日のお疲れ会を食事をしながら行っていました。私はその夜食を作っていましたが、新たにコーヒー焙煎とコーヒー染めが水曜日に行われることになり、金曜日はサロン準備、土曜日はサロンと、私の体が疲れると気遣ってくれて、あまり無理をしないようにと火曜日の食事つくりをやめることになりました。今は、水曜、金曜の食事つくりと、土曜日のサロンを行っています。

 自分も今は、みなさんに迷惑をかけないように頑張って少しでも老化、ボケ防止のために、料理の食材などを考えながら気楽にご飯つくりを行っています。これからもすこしでもおいしいごはんを作っていきたいと思っています(小野寺猛 編集協力 うてつあきこ)

           moyai-22.JPG

          コーヒー染めの液を作っている小野寺さん。

 

 

8/20 新しいパンフレットができました!

HPがなかなか更新できず、ご心配をおかけしました。
また、「HPからの問い合わせ機能」がうまくいかず、ご迷惑をおかけしてしましました。10月からは「お買いもの機能」を設け、ネットから注文できる形にしていきたいと考えています。
みなさま、気長に見守っていただければと思います。

 

DSCF3813.JPG

 

 

 

 

<こもれびコーヒー>
の夏はどうだったかというと・・・
おかげさまで夏もお客さまからのコーヒーの注文が途切れず、またイベントにもたくさん出させていただいて、スタッフ一同充実した夏を過ごしていました。新しいメンバーも参加し、念願のパンフレットもリニューアルしました。またおいおい報告させていただければと思います。今後ともこもれびコーヒーをよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 中身も分かりやすくなっています!

DSCF3814.JPG

パンフレットご希望の方はkomorebi_coffee@yahoo.co.jpまで
ご連絡いただければ、お送りしたします。

 

7/2 コーヒー染め 展示会

「コーヒー染めのあしあと展」始まります!

 

コーヒー展示.JPG

<こもれびコーヒー>では、ハンドピックした欠損豆を利用して、コーヒーの染液を作り、コーヒー染めに挑戦してきました。現地の人たちが苦労して収穫したコーヒー豆を少しでも無駄にしたくない・・・という気持ちからはじまった取り組みです。

 

その取り組みも早いもので3年目を迎えて、たくさんの作品を作り出すことができました。
今年からは、コーヒーの麻袋を使ったバックを製作したりしています。海を越えて、大切なコーヒー豆を運んでくれた麻の袋たちが素敵なバックに生まれ変わりました。展示品は、今のところ非売品ですが、これから商品化していこうということも考えています。

 

 コーヒー麻袋バック.JPG

手先を使い、頭を使って作品を作り上げたとき、心は豊かに満たされます。殺伐とした世の中で、「心の貧困」を救うひとつの手立てとして、この試みが役立つことができたら幸いと思っております。

 

7/15には、コーヒー染めのワークショップを行います。
参加は申し込み制となっております。

 

参加ご希望の方は
mail:komorebi_coffee@yahoo.co.jp までご連絡ください。よろしくお願いいたします。

 

 

展示会は、

こもれび荘 「サロン・ド・カフェ こもれび」開催中の土曜日(7/4 7/18 7/25 8/1)となっております。皆さまぜひ足を運んでいただければと思います。

 

 

6/17 「こもれびコーヒー通信 bU」発送しました。

 こもれびコーヒー通信の発送を行いました。

 

今日は、こもれびコーヒーメンバー総出で、「こもれびコーヒー通信」の発送作業を行いました。発送数は、徐々に増えて600通くらいになりました。今回は、コーヒー染めのことや、新しく加わってくれたメンバーの紹介などもしています。お中元の企画もありますので、ご希望の方はこもれびコーヒーのアドレスまで、mail:komorebi_coffee@yahoo.co.jp  FAX :03-3268-9037 までご連絡くださいませ。

 

20090617発送作業.JPG

 


 

5/13 コーヒー染め 作品ができました!

 

DSCF3177.JPG

 

今日は、ゴールデンウィーク明けで、久し振りにコーヒー染めの集まりがありました。各自、自宅で作ってきたものを披露してくださいました。

 

コーヒーの麻袋を使ってバックを作ったり、柿渋を塗って毛羽立ちを防いで、日よけの帽子を作ったり・・素敵なエプロンも出来ていました。いつも素敵な作品を作ってくださる崎山さん。今日はモデルとして登場してくださいました。

 

 

 

 

コーヒー染めは、毎週水曜日2時くらいから集まって作業しています。

ゆっくり少人数で楽しみながらやっています。

 

4/22 日坂さんの引退

 日坂さんの引退。

 日坂さん.JPG

こもれびコーヒーが販売を始めてから、焙煎メンバーに加わった日坂さんが4月8日で引退をされました。先日、焙煎メンバーが集まりささやかながら送別会を行いました。

いつも黙々とハンドピックを行ってくれた日坂さん。
影日なたに私たちを支えてくださってありがとうございました。 

 

サロンやコーヒー焙煎で人手が足りなくなったとき
手伝ってくださるとのことですし、サロンにも遊びに来てくれるとのこと。焙煎作業からは引退されますが、これからもお会いすることは多いので、なんだか引退といってもピンときません・・

お体に気をつけて、お過ごしくださいね♪
そしてこれからもよろしくお願いします。

4/25 社員研修を受け入れました。

今日は、某企業の写真研修の受け入れを行いました。

 

20040425 コーヒー.bmp

コーヒー焙煎やサロンの活動について理解してもらい、実際の焙煎作業に関わってもらうプロジェクトです。焙煎メンバーも、外部から人がいらっしゃるということで、前日から掃除をしたり作業を見直したりして、準備してきました。

焙煎作業やハンドピック、袋詰めなどの作業を経験してもらい、最後にはおいしいコーヒーの淹れ方講座なども行ました。自分達の活動を人に話すことで、改めて振り返る機会になり、よい刺激を受けることができました。

7/10 お中元の発送を行いました。

お中元の発送を行いました。

 

<こもれびコーヒー>では、季節ごとのギフトをご用意しています。
今回は、夏のギフトとしてお中元を企画しました。

お中元だけではなく、お誕生日プレゼントなど予算に応じてお作りすることができます。
ご注文はお気軽に、komorebi_coffee@yahoo.co.jpまでお願いいたします。



 

詰め合わせ内容  

【こもれびコーヒー】オリジナルコーヒー3種
(こもれびブレンド・もやいブレンド・東ティモール、各1粉・200g)
ウバ紅茶(ティーパック 20個入り)
ギフトボックスにお入れしお熨斗を付け、お届け先様にお送り致します。

お届け日を指定していただくことができます。
価格(全国送料込み)
4800

 

2009 お中元1.JPG


7/15 コーヒー染めワークショップ

コーヒー染めのワークショップを行いました。

サロンでは、「コーヒー染めのあしあと展」と題して、コーヒー染めの展示を行っています。
その中の企画のひとつとして、「コーヒー染めのワークショップ」を行いました。
絞り染めや板染めを行い、うちわやコースターを作ったり・・
差し入れのお菓子や果物をつまみながら、和やかに楽しく行われました。
みんなで一枚の布に絵を描いて、共同作品も作りました。写真はその様子です。
染め上がるのが楽しみですね(うてつあきこ)

DSCF3273.JPG

 

8/8 イベントで出店しました!

8/8 イベントで出店しました!

20090808 イベント1.JPG 

8/8にイベントに出店しました。場所は関口教会です。その前に稲葉さんの講演会「貧困と闘い、平和を築く」が、イグナチオ教会で行われました。
イグナチオ教会から、多くの方々が関口教会まで歩いてこられました。難民支援教会と、ビックイシューの方々と一緒に<こもれびコーヒー>もコーヒーを販売したり、コーヒーの入っていた麻袋を使ったバックを販売しました。

 

 

また、東ティモールとこもれびコーヒーの様子を描いた巻き絵も展示しました。コーヒーも紅茶も完売し、アイスコーヒー&ホットコーヒーともに好評をいただきました。

 

20090808 イベント2.JPG


 

9/19 記念コンサートに参加しました。

東ティモール記念コンサートに参加しました。

 

パルシックが企画した、東ティモールの記念コンサートに参加してきました。
ご存知のように、「こもれびコーヒー」はパルシックから、東ティモールのコーヒー豆やウバ紅茶を購入させていただいています。

東ティモールが独立して、10年。その長い道のりを日本で支援してきた人々が集まって、東ティモールから、ミュージシャンのエゴ・レモスさんを招いてコンサートが行われました。また合間に、現地のマウベシ村で支援されている日本人女性 伊藤純子さんからの報告もありました。お二人は、前日に、こもれび荘を訪れてくださり、私たちの焙煎している様子やコーヒー染めなどを見ていただきました。

大変な努力を重ねられていること、それにより私たちの手元にコーヒー豆が運ばれてくること・・改めて、東ティモールの人々と、「こもれびコーヒー」がつながったように思えました。また、いつも東ティモールの生豆が入っている麻袋に書いてある「CCOMARU」という文字が組合の名前であるということを初めて知りました。

DSCF0774.jpg


コンサートは、最初はしっとりしたエゴさんの歌から、徐々にラテンの音楽へ。最後には踊り出す人もいてとっても楽しそうでした。純日本人?の私は、ラテンのリズムには乗れませんでしたが、楽しいひとときを過ごすことができました(うてつ)

9/27(日)出店のお知らせ

 下記のイベントに、<こもれびコーヒー>が出店します。
いつものコーヒーと、麻袋を使ったバックを即売します。
早いもの勝ちになりそうです。お時間がある方は、ぜひおこしくださいませ♪
***************
9/27 貧困をなくし社会保障を守る「基本法」を考えるシンポジウム


貧困をなくし社会保障を守る「基本法」を考えるシンポジウム
〜ひとりひとりの生命と尊厳を守れる社会をめざして〜

チラシのダウンロードはこちらから。
http://whats-social-security.com/927sympo/









日時:2009年9月27日(日)午後1時半〜4時半
場所[/color][/b]:あいおい損保新宿ホール(東京・新宿)
入場無料・申込不要

内容:

第1部 シンポジウム:ズバリ!ダメ出し---現場からの告発
テーマ=なぜ政治、法律の変革をめざすのか
雇用・労働・・・河添誠氏(首都圏青年ユニオン書記長)
医療・・・本田宏氏
介護・・・竹森チヤ子氏(東京民医連加盟社会福祉法人「すこやか福祉会」理事長)
高齢者医療・・・笹森清氏(労働者福祉中央協議会会長)
生活保護・・・竹下義樹氏

第2部 コラボ対談
テーマ=「生き残りの選択・・・本格的福祉国家への道」
(1)貧困の現状はこうだ! 緊急にこれだけは、という対策案・・・湯浅誠氏
(2)日本の貧困はなぜかくも悲惨なことになっているのか?
 それをどう変革したらよいのか?―新しい福祉国家の構想・・・後藤道夫氏(都留文科大学教授)
(3)新しい福祉国家に向け何が必要か? 25条を生き返らせるには? 政治を変える必要・・・渡辺治氏(一橋大学教授)


[b]開催呼びかけ団体・開催事務局:[b]
京都府保険医協会(理事長 関 浩)

10/10 コーヒー染めの、のれん

<もやい>の新しいスペース、「うたしぱ」にのれんができました。

<もやい>スタッフからの依頼で、コーヒー染めチームが作成してくれました。
やさしいカフェオレ色の<もやい>の名前が入ったのれん。
扉を開けていても中が丸見えにならず、しかも<もやい>であることが一目瞭然です。
ここを訪れる人たちの気持ちが少しでもなごむといいなと思います。

    

DSCF0820.jpg

 

10/15 福島みずほ出版記念講演会

福島みずほ出版記念講演会で、<こもれびコーヒー>を販売しました。

<もやい>事務局長の湯浅と福島みずほさんの対談もあったせいか、
30個用意したコーヒーは飛ぶように売れ、麻袋で作ったバックも売れました。
買ってくださったみなさま、ありがとうございました!

 

091015_1751~02.jpg

 

 

11/6 お歳暮のご案内

『お歳暮用ギフトのご案内』
今年一年お世話になったあの方に、心のこもった贈り物を。

いつも【こもれびコーヒー】をご愛顧ご愛飲頂きまして、

誠に有り難う御座います。
【こもれびコーヒー】では昨年ご好評をいただきました、

お歳暮用のギフトを本年も販売致します。


今年のお歳暮に【こもれびコーヒー】の、

オリジナルコーヒー詰め合わせはいかがでしょう。


ご好評を頂いてる、

こもれびブレンド・もやいブレンド・東ティモールストレートを各200g、

ウバ紅茶をセットにして、ギフトボックスにお入れしてお届けします。

 

 

 ★誠に勝手ながら、お申し込みは

11月30日までにお願い致します。

 

詰め合わせ内容

【こもれびコーヒー】オリジナルコーヒー3種
(こもれびブレンド・もやいブレンド・東ティモール、各1粉・200g)
ウバ紅茶(ティーパック 20個入り)


ギフトボックスにお入れしお熨斗を付け、お届け先様にお送り致します。

お届け日を指定していただくことができます。
価格(全国送料込み)
4800

     2009 お中元1.JPG

御注文とご質問は以下のメールとFAXで
 mail:komorebi_coffee@yahoo.co.jp
 FAX :03-3268-9037

[ サロン&コーヒーの本ができました!

 

 「つながり ゆるりと」

〜小さな居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」の挑戦〜

 

 

<もやい>スタッフのうてつが、「サロン・ド・カフェ こもれび」と「こもれびコーヒー」の
5年間の軌跡をつづった本が刊行されました。

 

ホームレス支援団体<もやい>につながった仲間たちが、自分たちの居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」を開店。コーヒー1杯100円。集う仲間たちの人生はさまざま。やがて、濃密なパワー溢れるサロンから、フェアトレードのコーヒー生豆を使った、自家焙煎ブレンドの製造・販売プロジェクトが始まった。

 

 

 


<NPO法人自立生活サポートセンター・もやい>では、2001年より生活困窮者を対象としてアパートの連帯保証人を提供している。その数は、これまでに延べ1500件である。しかし、アパートに入居し、衣食住が整い「経済的貧困」がある程度解決されても、多くの人々が「人間関係の貧困」に苦しむ。そんな「人間関係の貧困」の問題に取り組み、「生きていく力」を取り戻すための試みとして、<もやい>はさまざまな人々の交流の場として、2004年より新宿区の「こもれび荘」と名づけた一軒家で、「サロン・ド・カフェ こもれび」を毎週土曜日に開催している。本書はその小さな居場所に集う人々の5年間の物語である。

=>詳しくはPDFのチラシをご覧ください

2/20 イベントのお知らせ

18.png

 

居場所・つながり・住まい

<こもれびコーヒー>発売3周年と、稲葉剛著『ハウジングプア』(山吹書店・JRC)、
うてつあきこ著『つながり ゆるりと』(自然食通信社)の
2冊の本の出版記念を兼ねてイベントを開催いたします。

ぜひお集まりください。

日時:2010年2月20日 11:00〜16:30
場所:飯田橋コートメダリオン 第二ホール

地図
http://www.medallion.co.jp/access.html
 
入場無料

★タイムスケジュール

11:00 開会のあいさつ
11:10〜12:10 <こもれびコーヒー>メイキングビデオ「今日も、焙煎日和」上映
12:10〜13:00 休憩(各自昼食)
13:00〜14:30 著者稲葉剛、うてつあきこによる45分間ずつの講演  
       稲葉・・・住まいの問題、もやいでの生活相談を中心とした活動について
       うてつ・・サロン、コーヒー、コーヒー染めについての活動について
       コーヒーやサロンのお客さんへのインタビュー、スライドショー

14:35〜15:30 <こもれびコーヒー>試飲会、おやつタイム、来賓挨拶

15:35〜16:10 「紙芝居劇むすび」による、紙芝居公演&トーク
16:30    閉会のあいさつ

こもれびコーヒー、各書籍の販売があります。

*<こもれび>コーヒーとは
http://komorebi-coffee.blogdekoken.jp/

 生活困窮者の支援を続けるNPO法人自立生活サポートセンター・もやいが運営する交流サロン「サロン・ド・カフェこもれび」に集まる仲間が、2006年からフェアトレードのコーヒー豆を自家焙煎して販売するプロジェクトに着手。
 2007年からインターネットなどを通して販売をおこなっています。

*稲葉剛著『ハウジングプア−「住まいの貧困」と向きあう』
http://www.moyai.net/modules/weblog/details.php?blog_id=571

*うてつあきこ著『つながり ゆるりと〜小さな居場所「サロン・ド・カフェこもれびの挑戦』
http://www.moyai.net/modules/weblog/details.php?blog_id=595


* 特別ゲスト「紙芝居劇むすび」
http://musubiproj.exblog.jp/

 日本最大の日雇い労働者の寄せ場であるあいりん地区、通称・釜ヶ崎で活動しているグループ。現在平均年齢が76歳の7名のおじさんたちを中心に活動しています。主な活動は紙芝居劇の制作と上演。手づくりで話をつくり絵を描き、多種多様なイベントに出張公演しています。年間約30回近くの公演、2007年にはイギリス・ロンドン公演も果たしました。
 むすびの紙芝居劇は、伝統スタイルの紙芝居と違い、複数のおじさんたちがそれぞれに役をもって1つの演目を演じます。お面をつけて、小道具や衣装も使って、ときには歌いときには立ち回りもして、観客のみなさんを楽しませようと心を配ります。歳を経た身体の動きや声からは、プロでもだせないような不思議な魅力が醸し出されます。
 東京での公演は初めて。この機会をお見逃しなく!


【問い合わせ先】
NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
〒162-0814 東京都新宿区新小川町8-20 こもれび荘
電話 03-3266-5744(火曜・金曜)

2/20 こもれびコーヒー3周年記念&出版記念パーティが行われました。

DSCF3591.JPG

*「むすび」の上演の様子

2月20日に、「こもれびコーヒー3周年記念&出版記念パーティ」が行われました。
全部で、100名以上の方々にご来場いただきまして、大盛況のうちに終えることができました。

まず最初に、約5年前に作成された、コーヒー焙煎プロジェクトの過程を記録したビデオ「今日も焙煎日和」が上映されました。その時点で、続々とお客さまが集まってくださり、70席用意した椅子はほぼ満席でした。数年前の映像に、メンバーたちは照れくさいのか自分の出演場面になると、下を向いたりどこかに行ってしまったりして・・・(笑 それでも懐かしく私たちが焙煎を始めたときの気持ちを思い出すことができ、とてもよい機会になりました。

午後からは、稲葉剛と私の講演でした。稲葉は、ハウジングプアの問題について大変分かりやすく話してくれました。私は、これまでの<もやい>とのかかわりの中で自分が女性として支援者としてどうあったのかということについて、率直に話させてもらいました。反応はさまざま・・でも温かい目で見守ってくださる人々に感謝しました。

その後は、お楽しみのコーヒー試飲会と、おやつタイム。手作りのケーキや焼き菓子を片手にこもれびコーヒーを飲んでいただきました。その間、これまでお世話になった方々にご挨拶いただき、まさに<つながり>の重要性を感じました。

最後は、今回のメインイベント「紙芝居むすび」の紙芝居劇。平均年齢76歳の元ホームレスのおじさんたちが、自分達で作り上げた紙芝居。会場とむすびのメンバーが一体となり、温かく素晴らしい雰囲気の中で、行われました。コーヒーのメンバーの小野寺さんも飛び入りで参加してくださり、歌あり踊りありの素晴らしい舞台を堪能しました。イベントが終了した後も、あちこちで交流する姿が見られました。

参加された皆様、お疲れ様でした。
そして今後ともよろしくお願いいたします(うてつあきこ)

2/25 「もやいブレンド」販売中止のお知らせ

  『もやいブレンド』販売中止のお知らせ

baisen014.JPG

いつもこもれびコーヒーを御愛飲頂き、誠に有り難う御座います。

当こもれびコーヒーで販売致して参りました『もやいブレンド』ですが、
今年のエクアドル産生豆の手配がなりませんでした。

エクアドル産生豆の手配がならなかった原因は、
昨年天候不良に襲われコーヒーの収穫量が極端に落ちたためです。

『もやいブレンド』はエクアドルをはじめ、
ラオス・メキシコ・ルワンダ・ハイチを等分にブレンドしております。
これは【もやい】の精神を受け継ぎ、全ての方々と共に歩むことを
大切にしたいという気持ちでブレンドして参りました。

エクアドル産のコーヒー豆を抜いてブレンドしましたが、
思うような味と香りが得られず、今回残念ながら販売中止に至った次第です。

今年末にはエクアドル産生豆の状況がわかると思いますので、
来年エクアドル産生豆の手配ができるようであれば、再度販売を再開させて頂きます。
皆様には、大変なご迷惑をお掛け致しますが、お許し頂けますようお願い申し上げます。


現時点で、定期便で『もやいブレンド』をご注文いただいている方におきましては、
最後まで『もやいブレンド』をお届けすることができますので、ご安心くださいませ。
  尚、これまでどおり<こもれびブレンド>と、<東ティモールストレート>に関しましては、
通常通り販売しておりますので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

尚、近々に今年大きな地震災害を受けました、
ハイチ産コーヒー豆を使った新ブレンドをハイチ支援の為に販売致す予定で御座います。

                       こもれびコーヒー スタッフ一同

4/30 ハイチブレンドもうすぐ発売!

komorebi023.JPGハイチブレンドもうすぐ発売です!

 コーヒー豆の手配がむずかしくなり、「もやいブレンド」を販売中止にさせていただいておりましたが、このたび「ハイチブレンド」を発売させていただくことになりました。

 ハイチで今年の1月にM7.0の大地震が起こったことはみなさんのご記憶にも新しいことと思います。<こもれびコーヒー>では、微力ながらハイチ復興の手助けになればと、このたびハイチ産コーヒー豆をベースにした【ハイチブレンド】を販売させていただくことになりました。ぜひ、おいしいコーヒーでハイチの復興支援にご参加ください。

 

 

【ハイチブレンド】 200g入り 1袋 840円

ハイチ産コーヒー豆をベースに、ラオス・ルワンダ・メキシコ産コーヒー豆をブレンドしました。ボディのしっかりしたコーヒーですので、砂糖やミルクを入れてもおいしくお飲みいただけます。豊かな香りもお楽しみ下さい。

販売は、5月中旬頃になる予定です。

お楽しみに!